新型BMW X3(F25)【試乗評価】精悍になった外観とBMWらしい乗り味 [LDA-WY20]

BMW X3 MSport 前面画像

今回の【試乗評価】は、「BMW X3 xDrive20d M Sport(F25・2代目)」。
2011年から2017年まで製造販売されていた、MクラスのクロスオーバーSUV(5ドア)。

初代X3は、X5の成功を受けて開発された「SAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)」第二弾。

X5が「5シリーズ」をベースにしていたのに対して、X3は「3シリーズ」がベース。基本となるプラットフォーム(基本骨格)は「E46・3シリーズ」です。

SUVでありながら、スポーティな外観とBMWらしい走りの良さを持つという点が受け、世界中で高い人気を得ています。

2代目X3は、その初代のコンセプトをそのまま受け継ぐキープコンセプトモデル。日本人デザイナー永島譲二のスタイリングと一回り大きなボディを得て、さらに魅力のあるモデルとして生まれ変わりました。

ライバルは「メルセデスベンツ・GLC」や、「アウディ Q5」などの高級Mクラス・クロスオーバーSUV。

2014年にビッグマイナーチェンジを実施。内外装の大幅な変更と安全装備の充実、グレードの見直しなどが行われています。

このページは、「先代 BMW X3(2代目)」についての記事です。「最新型 BMW X3(3代目)」についてはこの下のリンクからどうぞ↓

新型 BMW X3シリーズ X3 xDrive20d M Sport(3代目)【評価レビュー】5シリーズをベースとする上質な走りを持ったクロスオーバーSUV [LDA-TX20

2017.12.09
スポンサーリンク

「BMW X3 xDrive20d M Sport(F25・2代目)」の外観

ボディサイズ、全長4655mmX全幅1900mmX全高1675mm。ホイールベースは2810mm。

ボディサイズは3シリーズとほぼ同じ。先代X3と比べると一回り大きめです。

フロント

マイナーチェンジでグリルとヘッドライトが一体化。スポーティな「Mスポーツ専用フロントバンパー」が装備され、精悍な印象を強めています。

サイド

SUVにしてはフロントノーズが長くAピラー(一番前の柱)も傾斜しているため、スポーティな印象が強い。短く切り詰められた前後オーバーハング(タイヤからボディ端までの長さ)が相まって、キビキビとした軽快感を表現しています。

マイナーチェンじよる大きな変更点はありません。

リア

BMW X3 MSport 後部画像

小さく絞り込まれたリアウィンドウに、ダイナミックなリアコンビランプ。スポーティな「Mスポーツ専用リアバンパー」が装備され、上質で力強い後ろ姿を構成。

マイナーチェンジによる変更点は、リアバンパー形状など僅かな点にとどまります。

スポンサーリンク

内装

BMW X3 xDrive 20d 内装画像

プラスチッキーな樹脂にピアノブラック調パネル。メタル・フィニッシャーを組み合わせたスポーティな室内。

メーターナセルには、BMW伝統の緻密な二眼メーターを装備。クッキリとした文字で視認性が高い。Mスポーツを選択することで、ステアリングは上質な本革巻きとなります。

センターコンソール最上段には、ナビレーションや車輌情報を表示する8.8インチワイド液晶ディスプレイ。中段にはエアコンのコントロールユニット。手探りでの操作もしやすいダイヤル式です。

高めのアイポイントと見切りの良いボディによって、運転のしやすい車に仕上がっています。

シート

BMW X3 xDrive 20d シート画像

フロントシートは厚みのある快適なシート。タッチはソフトですが、クッションにガッチリとしたコシがあるため、体圧が集中して痛くなることもありません。適度なサイドサポートも装備され、腰の高い位置からお尻、太ももの裏にかけて均一な力で支えます。

リアシートは、フロントに比べれば平板でクッションも薄め。ただし、頭上および足元空間には十分なスペースがあり、大人二人で座っても十分な余裕があります。リクライニング&スライド機構は装備されません。

荷室

荷室にはステーションワゴン並の空間を確保。家族4人なら、荷物のかさばるキャンプも可能です。さらに背もたれを4:2:4で分割して倒せば、荷室スペースの拡大も可能。

静粛性

室内にはたっぷりと遮音材が施され、プレミアムSUVにふさわしい静粛性を実現。エンジンノイズの侵入も最小限で、ロードノイズ、風切り音もよく抑えられています。

スポンサーリンク

エンジンとトランスミッション

1995cc・直列4気筒DOHCディーゼル・ターボエンジンに、8速ATが組み合わされます。
エンジンは、最高出力184ps/4000rpm、最大トルク38.7kgf・m/1750-275d0rpmを発揮。
JC08モード燃費は、18.6km/l。車両重量、1840kg。

エンジン

2.0リッターのディーゼルエンジンで4輪を駆動(フルタイム4WD)。

低速から分厚いトルクを発生するパワフルなエンジン。320dセダンよりも重いボディをスルスルと力強く加速させます。パワーの出方もリニアでスムーズ。4リッター自然吸気エンジン並の動力性能を発揮します。

車外から聞くエンジンノイズは「ガラガラ」とトラックのようですが、室内にはたっぷりと遮音材が施され、不快なエンジン透過音は侵入させません。さらに、一旦走り出せば驚くほど静かに変化して、ガソリンエンジン並の静粛性をみせます。

アイドリングストップからの再始動は、振動が大きく上質感は今ひとつ。

ボディの重量増に合わせてブレーキも強化されており、節度感をともなった強力なブレーキが装備されます。

トランスミッション

トルコン式の8速ATを装備。段付き感の少ないスムーズなトランスミッション。トルクフルなディーゼルエンジンの美味しいところを活かして、エンジン回転を低めに維持。高燃費と力強さを両立しています。

乗り心地とハンドリング

前輪にダブルジョイントストラット式サスペンション、後輪に5リンク式サスペンションを装備。前後ともにスタビライザーで強化。

乗り心地

装着タイヤは、前後ともに245/50R18。

320dセダンよりもサスストロークが長く車重も重いため、重厚感あふれるしなやかな乗り味です。

低速ではゴツゴツと路面の段差を拾いがちですが、速度が上がるにつれてサスがしっとりと動き出し、姿勢変化の少ないフラットな身のこなしをみせます。

SUV特有のユサユサとした揺れを若干伴うものの、高速での安定性は高くまっすぐに直進。横風やわだちにも進路を乱されにくいです。

ハンドリング

最小回転半径は、5.7mと少々大きめ。

重いディーゼルエンジンを鼻先に搭載するものの、前後重量配分はほぼ50:50。どちらかといえば、後輪側の方が重いくらいです。

3シリーズセダンのようなキビキビとした軽快感は無いものの、BMWらしいスポーティさは十分。ドライバーの操舵に素直に反応して、自然な動きでノーズの向きを変えます。

重心が高いため、コーナリング中は若干のロールを許します。ただし、姿勢変化が自然で予測しやすいため、不安な印象はありません。リアの接地性が高く、旋回性能とのバランスも素晴らしいです。

評価のまとめ

「BMW X3 xDrive20d M Sport(F25・2代目)」は、3シリーズセダンをベースに開発された、MクラスのクロスオーバーSUV。

初代X3よりもボディがひと回り拡大され、居住性や荷室容量が向上。パワフルなディーゼルエンジンが搭載され、日常領域での力強さは十分以上です。3シリーズセダンほどの軽快感は無いものの、SUVとしてはハンドリングも十分スポーティ。適度に引き締まった足回りもBMWらしくて好ましいものです。

搭載されるディーゼルエンジンは、メルセデスベンツのモノと比較すると20万円ほど安く、性能は同等以上。なるべく安く良いものを買いたい人には嬉しい選択肢となります。

「SUVの外観は好きだけど、おしゃれに街中を走りたいだけ」とか、「ドイツの高級ブランドに憧れはあるが、セダンやステーションワゴンでは面白くない」といった人には最適な一台です。

中古車市場では

2017年式「BMW X3 xDrive20d M Sport(F25・2代目)」で500万円前後。2014年式なら300万円前後(2018年6月現在)。

新車価格

6,970,000円(税込み)

関連記事

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)

切れ痔がぶり返してきたー!(2018年10月)

パリモーターショー行きたい(2018年10月)