【用語解説】DOHCとは(エンジン用語編)

スポンサーリンク

ターンフローからクロスフローへ

エンジンの初期には、サイドバルブ方式のエンジンが一般的なエンジンでした。
そこから徐々に進化して、燃焼室がコンパクトでより効率化された、OHV方式のエンジンが生み出されます。
同時に吸排気バルブの位置もより効率的に発達して、片側一列に並んだターンフロー方式から、左右に振り分けられたクロスフロー方式へと切り替わっていきました。

スポンサーリンク

OHCとは

さらに、カムシャフトの位置もより正確なタイミングで作動できるように、シリンダーヘットの上に移動します。
これが、「OHC(オーバーヘッドカムシャフト)」と呼ばれる方式のエンジンです。
当初はシリンダーヘッドの上にカムシャフトが装着され、ロッカーアームを介して一列に並んだ吸排気バルブを開閉していました。
そのため、吸排気バルブが同じ向きになるターンフロー方式のエンジンでした。

しかし、これでは燃焼効率が悪くなるため、吸排気バルブを左右に振り分けて設置したクロスフロー方式に切り替わっていきました。
このクロスフロー方式では、シリンダーヘッド上に取り付けられたカムシャフトを介して、ロッカーアームを左右に振り分け、離れた場所にある吸排気バルブを開閉します。

スポンサーリンク

DOHCとは

OHVからOHCへと進化したエンジンは、クロスフローという燃焼効率の良い吸排気系と、プッシュロッドを持たない、正確で高回転に対応したバルブシステムを持つ事になります。
しかし、ここからさらにエンジンを高回転まで回して、大きな出力を得ようとすると、OHCエンジンの回転では間に合わなくなってしまいます。

ここで考えだされたのが、バルブをカムで直接開閉する「DOHC(ダブルオーバーヘッドカムシャフト)」と呼ばれるシステムのエンジンです。
シリンダーヘッドの上部に、吸排気バルブが左右に振り分けられて設置されるのはOHCと同じです。
DOHCの場合は、シリンダーヘッド上部にあるカムシャフトが2本になり、それぞれに設置されたカムで、直接吸排気バルブを開閉するところが大きな違いです。
これにより、OHCよりさらに高回転でも正確に作動する、バルブシステムが可能になりました。
また、V型エンジンの場合はカムシャフトが4つになるので、4カムと呼ばれます。

OHCもDOHCも、シリンダーヘッド上部に吸排気バルブがあるため、機構的には「OHV」の一種ですが、エンジンの名称としては、プッシュロッドを持ったエンジンだけが「OHV」と呼ばれます。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)

パリモーターショー行きたい(2018年10月)