ポルシェジャパン、MクラスSUV「ポルシェ・マカン」を展示。252馬力を発生するベースグレード【東京モーターショー2017】

ポルシェ・マカンのフロント

2017年10月25日から11月5日まで(一般公開は10月28日~11月5日)、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催されていた「東京モーターショー2017」。

ポルシェジャパンはこの会場の自社ブースで「ポルシェ・マカン」を展示していました。今回も会場で撮影した写真とともにお伝えします。

第45回東京モーターショー2017のポルシェブースは世界最高をめざすスポーツカーメーカーとして「進化と挑戦」をし続けるロードマップを、そしてスポーツカーの過去・現在・未来を、Porsche Intelligent Performanceというテーマで表現します。

引用:ポルシェジャパン公式サイト

スポンサーリンク

「ポルシェ・マカン」の概要

「ポルシェ・マカン」は、2.0リッターターボエンジンに7速PDKを組み合わせる、MクラスのクロスオーバーSUV。ポルシェ初のLクラスSUV「カイエン」の弟分にあたります。

コンパクトなボディと手頃な価格、スポーティで上質な走りが受けて「カイエン」以上の大ヒットを記録。

エンジンはアウディ社製ですが、ポルシェ独自の専用チューニングが施されます。軽い鼻先とFRをベースとする4WDシステムが相まって軽快感あふれる自然なステアリングフィールを実現。オプションで用意されるエアサスを選べば、さらに上質な乗り味となります。

「ポルシェ・マカン」は基本となるベースグレードでこの上に340馬力を発生する「マカンS」、さらにその上には360馬力を発生する「GTS」、400馬力を発生する最上級グレード「ターボ」が用意されます。

スポンサーリンク

「ポルシェ・マカン」のスタイリング

ポルシェ・マカンのリア

フロント

911を彷彿とさせるロー&ワイドなフロントノーズに、楕円形ヘッドライト。ワイドに広がるフロントバンパーが組み合わされ、スポーティで上質なフロントフェイスを表現。

サイド

伸びやかなフロントノーズになだらかな弧を描くフールが一体となり、クーペライクなサイドビューを構成。リフトアップされたボディとアンダーボディを固める樹脂トリムが相まって、スポーティなSUVルックを演出しています。

リア

ワイド感を強調するリアコンビランプと、デュアルエキゾースト・パイプフィニッシャーが力強さを強調。グラマラスなヒップラインに小さく絞り込まれたキャビンが対比され、力強く安定感のある後ろ姿を形づくっています。

スポンサーリンク

主要スペック

項目 スペック
パワーユニット 1984cc・直列4気筒ターボエンジン
トランスミッション 7速AT(PDK)
最高出力(エンジン) 252ps/5000-6800rpm
最大トルク(エンジン) 37.7kgf・m/1600-4500rpm
全長x全幅x全高 4680mmx1925mmx1625mm
ホイールベース 2805mm
駆動方式 4輪駆動(フルタイム4WD)
ボディタイプ 5ドア・ハッチバック

メーカー希望小売価格

6,990,000円(消費税込)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

修正ばっかりしてると新記事の投稿ができないんで、新記事3に対して修正1くらいの割合でやってます(2019年6月〜)