ポルシェジャパン、「ポルシェ・718 ボクスター S」を展示。350馬力を発生するフラット4ターボを搭載!【東京モーターショー2017】

ポルシェ・718 ボクスター Sのフロント

2017年10月25日から11月5日まで(一般公開は10月28日から11月5日)、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催されていた「東京モーターショー2017」。

ポルシェジャパンは、この会場の自社ブースで「ポルシェ・718 ボクスター S」を展示していました。今回も会場で撮影した写真とともにレポートします。

第45回東京モーターショー2017のポルシェブースは世界最高をめざすスポーツカーメーカーとして「進化と挑戦」をし続けるロードマップを、そしてスポーツカーの過去・現在・未来を、Porsche Intelligent Performanceというテーマで表現します。

引用:ポルシェジャパン公式サイト

スポンサーリンク

「ポルシェ・718 ボクスター S」の概要

「ポルシェ・718 ボクスター S」は、スポーツカー専門メーカー「ポルシェ」が製造販売するMクラスのオープン・2シーター・スポーツ。ドライバー後方、ミッドシップに水平対向エンジンを搭載するMRレイアウトの車で、上級モデル「911」よりも慣性モーメントや重量バランスなど運動特性の面では優れた素質を与えられています。

2016年にフルモデルチェンジが行われ、車名も「ボクスター」から「718ボクスター」へと変更。同じプラットフォーム(基本骨格)を共有する2ドア・クーペ「ケイマン」も、「718ケイマン」となりました。

搭載されるパワーユニット

ベースグレード「ボクスター」には2.0Lフラット4ターボ、上級グレード「ボクスターS」にはよりパワフルな2.5Lフラット4ターボエンジンを搭載。この「ボクスターS」にはエンジンパワーだけでなく、足回りやステアリングにもよりスポーティなセッティングが施されています。

ターボチャージャーはシングルターボで、911のツインターボとは差別化がはかられています。気筒数も911のフラット6に対して、ボクスターはフラット4。ミッドシップレイアウトに911と同等の装備が奢られれば理想のスポーツカーができそうですが、それでは「911はいらないよ」なんて事になりかねません。911ならではの味わいも失われてしまいますので、このあたりは難しいところです。

スポンサーリンク

「ポルシェ・718 ボクスター S」のスタイリング

ポルシェ・718 ボクスター Sのリア

フロント

ロー&ワイドなフロントノーズに水滴型の鋭いヘッドライト。ワイドなエアインテイクを装備したフロントバンパーが組み合わされ、スポーティで上質なフロントフェイスを構成。

718ボクスターや718ケイマンのフロントフェイスは、まとまりが良すぎて写真では今ひとつ迫力や存在感が希薄です。しかし実際に近くてみるとボディパネルのうねりやボリューム、塗装のツヤが素晴らしくうっとりとさせられます。

サイド

短く切り詰められたリアオーバーハング(ホイールからボディ端までの長さ)に伸びやかなフロントノーズ。低く身構えるボディと短いホイールベースが対比され、キビキビとした経過感と力強さを表現。

スポーツカーの場合、王道のスタイリング手法として「短いリアオーバーハングには長いフロントオーバーハングを対比させる」というものがありますが、ボクスターのスタイリングはまさにこの手法を踏襲した教科書通りのスタイリングです。

リア

なめらかな曲線を描きながらワイドに広がるリアエンドに、小さなリアコンビランプとデュアルエキゾースト・パイプフィニッシャーが装備され、上質感あふれる個性的な後ろ姿を形づくっています。

スポンサーリンク

主要スペック

項目スペック
パワーユニット2497cc・直列4気筒ターボエンジン
トランスミッション6速MT
最高出力(エンジン)350ps/6500rpm
最大トルク(エンジン)42.8kgf・m/1900-4500rpm
全長x全幅x全高4379mmx1801mmx1280mm
ホイールベース2475mm
駆動方式ミッドシップ(MR)
ボディタイプオープン・2シーター

メーカー希望小売価格

8,880,000円(消費税込)

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

修正ばっかりしてると新記事の投稿ができないんで、新記事3に対して修正1くらいの割合でやってます(2019年6月〜)