ポルシェジャパン、「ポルシェ 718 ケイマン S」を展示。350馬力を発生するフラット4ターボを搭載!【東京モーターショー2017】

ポルシェ 718 ケイマン Sのフロント

2017年10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイトで開催されていた「東京モーターショー2017」。

ポルシェジャパンはこの会場の自社ブースで「ポルシェ 718 ケイマン S」を展示していました。今回も会場で撮影した写真とともにレポートします。

当日はこのケイマンSのまわりに黒山の人だかりが出来ており、まともな写真が撮れませんでした。まあ、このあたりはある程度割り切っていかないと、一日で全ブースを周り切ることは難しいんですよねえ。

第45回東京モーターショー2017のポルシェブースは世界最高をめざすスポーツカーメーカーとして「進化と挑戦」をし続けるロードマップを、そしてスポーツカーの過去・現在・未来を、Porsche Intelligent Performanceというテーマで表現します。

引用:ポルシェジャパン公式サイト

スポンサーリンク

「ポルシェ 718 ケイマン S」の概要

「ポルシェ 718 ケイマン S」は、2013年にフルモデルチェンジした、2ドア・スポーツ・クーペ。

オープン・2シーター・スポーツの「ボクスター」とプラットフォーム(基本骨格)を共有する兄弟車で、エンジンをドライバー後方ミッドシップに搭載し後輪を駆動するミッドシップ・レイアウトも同じです。911よりも下位に位置するモデルですが、重量バランスに優れるミッドシップレイアウトを採用するのが911系シャシーとの大きな違いです。

2016年にビッグマイナーチェンジが実施され、自然吸気フラット6からターボチャージャー付きのフラット4に換装。フラット6ならではの味わいでは劣るものの、実質的なパフォーマンスは向上しています。同時に名前も「ケイマン」から「718 ケイマン」へと変更。

エンジンパワーがボクスターと同じになったことで、ボクスターの方が高価な車となっています(マイナー前はケイマンの方がパワフルでその分価格も高かった)。

リアセクションの一部はケイマンGTSと共通。フロントサスには911ターボ用の高価なパーツが使われます。

スポンサーリンク

「ポルシェ 718 ケイマン S」のスタイリング

ポルシェ 718 ケイマン Sのリア

※このバックパックのお兄さんにお願いして隙間を開けてもらい、そこからリアエンドを撮影したのですが、ピントがバックパックの方に合ってしまいました。お兄さんありがとう!

フロント

ポルシェ911を彷彿とさせるフロントノーズに伸びやかな楕円形ヘッドライト。ワイドなフロントエアインテイクが組み合わされ、スポーティでカッコいいフロントフェイスを形づくっています。

サイド

低く身構えたボディに大きなサイドエアインテイク。中央にレイアウトされた小さなキャビン(居住空間)と19インチ大径ホイールが相まって、軽快感あふれるダイナミックなサイドビュー。

リア

小さく絞り込まれたキャビンにワイドなリアフェンダー。デュアル・エキゾーストフィニッシャーによって、力強く安定感のある後ろ姿を表現。

スポンサーリンク

主要スペック

項目スペック
パワーユニット2497cc・水平対向4気筒ターボエンジン
トランスミッション7速AT(PDK)
最高出力(エンジン)350ps/6500rpm
最大トルク(エンジン)42.8kgf・m/1900-4500rpm
全長x全幅x全高4379mmx1801mmx1295mm
ホイールベース2475mm
駆動方式ミッドシップ(MR)
ボディタイプ2ドア・クーペ

メーカー希望小売価格

9,014,000円(消費税込)。

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

修正ばっかりしてると新記事の投稿ができないんで、新記事3に対して修正1くらいの割合でやってます(2019年6月〜)