ポルシェジャパン、「ポルシェ 911 GT3」を展示。500馬力を発生する「GTS CUP」のロードバージョン!【東京モーターショー2017】

ポルシェ 911 GT3のフロント

東京ビッグサイト(江東区有明)で開催されていた「東京モーターショー2017」。ポルシェジャパンは、この会場の自社ブース(東4ホール)において「ポルシェ 911 GT3」を展示していました。

今回も会場で撮影した写真とともにレポートします。

※「東京モーターショー2017」の会期は2017年10月25日から11月5日。その内一般公開は10月28日から11月5日まで。

第45回東京モーターショー2017のポルシェブースは世界最高をめざすスポーツカーメーカーとして「進化と挑戦」をし続けるロードマップを、そしてスポーツカーの過去・現在・未来を、Porsche Intelligent Performanceというテーマで表現します。

引用:ポルシェジャパン公式サイト

スポンサーリンク

「ポルシェ 911 GT3」の概要

「ポルシェ 911 GT3」は、サーキット走行専用に設計された911屈指のレーシングモデル「911 GT3 CUP」のロードバージョン。後期モデルとなった911にあわせて、GT3もマイナーチェンジが実施されています。

GT3は、1999年に初代GT3が登場してから今回で6代目となる歴史あるグレードです。911フリークの間では神格化されたモデルでもあり、徹底的な軽量化と他の911には搭載されない特別なパワーユニットが搭載されます。

そのパワーユニットこそ、4.0Lの水平対向6気筒自然吸気エンジン。大排気量自然吸気エンジンならではのスムーズでぶ厚いトルク、レスポンスに優れたフィールを与えられています。

組み合わされるトランスミッションには、待望のマニュアル・トランスミッションが復活。ラップタイムの上で有利となる7速PDKと、運転する喜びにみちたMT。ドライバーの好みに応じて好きな方を選択することができます。

その他には、空気抵抗を増やさず整流効果を高めたエアロパーツ。セッティングの見直されたサスペンションなども装備されました。

スポンサーリンク

「ポルシェ 911 GT3」のスタイリング

フロント

ロー&ワイドなフロントノーズに楕円形ヘッドライト。新しくデザインされた整流効果の高いフロントバンパーが配置され、レーシーでスパルタンな印象を与えます。

フロントバンパーの変更

サイド

低く身構えたボディに大径アルミホイール。小さなキャビンが組み合わされた911伝統の美しいプロポーション。前後にダイナミックなエアロパーツが装備され、スポーティな迫力を増しています。

リア

グラマラスなリアエンドにガシッと大地を掴むように広がるリアフェンダー。大型リアウィング、デュアルエキゾーストパイプフィニッシャー、大型ディフューザーなどレーシーな雰囲気を盛り上げる専用装備がてんこ盛り。ただならぬオーラーを感じさせる後ろ姿です。

スポンサーリンク

主要スペック

項目 スペック
パワーユニット 3996cc・水平対向6気筒DOHCエンジン
トランスミッション 7速AT(PDK)
最高出力(エンジン) 500ps/8250rpm
最大トルク(エンジン) 46.9kgf・m/6000rpm
全長x全幅x全高 4562mmx1852mmx1271mm
ホイールベース 2457mm
駆動方式 後輪駆動(RR)
ボディタイプ 2ドア・クーペ

メーカー希望小売価格

21,150,000円(消費税込)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

猛暑のおかげでしつこい「切れ痔」も徐々に回復。病院にいくのは恥ずかしいのでこのまま自然治癒してくれ!(2018年7月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)