ポルシェジャパン、「ポルシェ・マカン GTS」を展示。360馬力/51.0kgf・mを発生するカイエンの弟分【東京モーターショー2017】

ポルシェ・マカン GTSのフロント

2017年10月25日から11月5日まで(一般公開は10月28日から11月5日)、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催されていた「東京モーターショー2017」。

ポルシェジャパンは、この会場の自社ブースで「ポルシェ・マカン GTS」を展示していました。今回も、会場で撮影した写真とともにお伝えします。

第45回東京モーターショー2017のポルシェブースは世界最高をめざすスポーツカーメーカーとして「進化と挑戦」をし続けるロードマップを、そしてスポーツカーの過去・現在・未来を、Porsche Intelligent Performanceというテーマで表現します。

引用:ポルシェジャパン公式サイト

スポンサーリンク

「ポルシェ・マカン GTS」の概要

「ポルシェ・マカン」は、ポルシェ初となるSUV「カイエン」の弟分として2014年に登場したMクラスのクロスオーバーSUV。

弟分といっても、スポーツカーにとって軽量コンパクトなボディは時にエンジンパワー以上の価値をもたらします。このコンパクトなSUV「マカン」も、そのコンパクトなボディを活かして「カイエン」には無い軽快感あふれるスポーティな走りを与えられています。

ベースとなるプラットフォーム(基本骨格)には、グループ傘下のプレミアムメーカー「アウディ」が製造販売する「Q5」の一部を使用。ポルシェ独自の味付けにより、Q5とは全く異なるキャラクターを得ています。

「GTS」グレードについて

この「GTS」は、そのマカンの中でトップモデルとなる「ターボ」の下に位置する中級グレード。3.0リッター・ツインターボによって、最高出力360馬力/最大トルク51.0kgf・mを発揮。FRをベースとする4WDシステムにデュアルクラッチ式の7速PDKが組み合わされます。

兄貴分のカイエンがトルコン式ATを装備するのに対して、マカンはデュアルクラッチ式7速PDK。このあたりにもポルシェがマカンのキャラクターを「よりスポーティなものだ」と考えていることが現れています。

スポーツシャシー+エアサスの効果でベースグレードよりも25mmのローダウン化を実現。カイエン比では80mmも車高が低く、より重心が低くスポーティな走りを可能にしています。

スポンサーリンク

「ポルシェ・マカン GTS」のスタイリング

フロント

伸びやかなフロントノーズに楕円形のヘッドライト。ワイドに広がるエアインテイクが組み合わされ、スポーティで凄みのあるフロントフェイスを実現。

サイド

ロングノーズになだらからルーフが組み合わされたスポーティなシルエット。ブラックアウトされた樹脂パネルと黒いアルミホイールが装備され、このコンパクトなSUVにただならぬ存在感を与えています。

リア

ブラックアウトされたリアコンビランプがスポーティな雰囲気を強調。ワイドに広がるリアフェンダーに小さく絞り込まれたキャビンが対比され、力強く安定感のある後ろ姿を形づくっています。

スポンサーリンク

主要スペック

項目 スペック
パワーユニット 2997cc・V型6気筒ツインターボエンジン
トランスミッション 7速AT(PDK)
最高出力(エンジン) 360ps/6000rpm
最大トルク(エンジン) 51.0kgf・m/1650-4000rpm
全長x全幅x全高 4700mmx1925mmx1610mm
ホイールベース 2805mm
駆動方式 4輪駆動(フルタイム4WD)
ボディタイプ 5ドア・ハッチバック

メーカー希望小売価格

9,810,000円(消費税込)。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)