新型 レクサス RX 300 Fスポーツ(4代目)【評価レビュー】専用サスによるスポーティで自然な身のこなし [DBA-AGL20W]

レクサス RX 300のイメージ

今回の【評価レビュー】は「新型 レクサス RX 300 Fスポーツ(4代目)」。
2015年にフルモデルチェンジした、.LクラスのクロスオーバーSUV(5ドア)です。

今から3世代前、1998年に登場した「初代 レクサス・RX」は、「高級セダンの快適性とSUVのたくましさを併せ持つ車」として、北米市場で大人気となったモデルです。SUVといっても基本プラットフォームは乗用車(前輪駆動)なんで、本格的な悪路走破性はありません。「主に街乗りでしか使わないけど、SUVのタフな雰囲気も味わいたい」なんて人たちが好んで乗ってました。

「初代 レクサス・RX」の人気は他のプレミアムブランドにも影響を与えるほどで、「メルセデスベンツ・GLK」とか「BMW・X5」といったフォロワー(追従者)を生み出してます。

トヨタ ハリアーのイメージ

新型 トヨタ ハリアー プレミアム(ターボ/4WD/6AT)(3代目)【評価レビュー】マイナーチェンジによって、パワフルなターボエンジンを搭載! [DBA-ASU65W]

2018年2月6日

「初代 レクサス・RX」を日本市場で販売するにあたっては、当時の国内に「レクサス」系ディーラーが無かったため、「トヨタ・ハリアー」という名前で発売されてます。その後、2代目まではそのまま「ハリアー」として売られ続け、3代目が発売されるタイミングで晴れて「レクサス・RX」という本来の名前に戻りました。

本来ならここで「ハリアー」はお役御免となるはずですが、なぜか「RAV4」をベースにした全く新しい車に生まれ変わります。せっかく育てた「ハリアー」というブランドですから、あえて潰すのは惜しいと考えたんでしょうねえ。

じっくりと読む時間の無い人は、文末の「【試乗評価】のまとめ」をどうぞ↓
スポンサーリンク

「新型 レクサス RX 300 Fスポーツ(4代目)」の概要

今回の「新型 レクサス RX 300 Fスポーツ(4代目)」は、先代「レクサス RX(3代目)」の設計思想を受け継ぐ正常進化モデル。開発コンセプトは「RXでありながら、RXを超えていく」です。先代の基本コンポーネントを使いながら、走りや快適性を中心に機能を充実させてます。

ボディをひと回り大きくすることによって室内の余裕と、見た目の存在感が増してます。特に全長で+120mm、ホイールベースで+50mm延長された分は、室内の広さに効いてる感じです。

パワートレーンは2種

パワートレーンは、「2.0リッター直列4気筒ターボ+6速AT」のガソリン車と、「3.5リッター V型6気筒+電気モーター+CVT」のハイブリッドカー2種。

2017年にガソリン車のモデル名が「レクサス RX 200t」から「レクサス RX 300」へと変更されましたが、商品の内容自体は変わりません。

ハイブリッドカーのモデル名は「レクサス RX 450h」。この他に、2017年に登場したロングボディ・3列シート7人乗り仕様の「レクサス RX 450h L」もあります。

グレード構成は3種

それぞれのパワートレーンごとに「標準モデル」と豪華仕様の「バージョンL」、スポーティな「Fスポーツ」を設定してます。さらにすべてのグレードで「FF」と「4WD」の選択が可能です。

プラットフォームなど

基本となるプラットフォーム(車台)は先代のモノを改良して使ってます。最新の「TNGA」ではありませんが、「TNGA」の設計思想を先取りして取り入れているんで、性能は高いです。

ライバルはLクラスの高級クロスオーバーSUV

ライバルはLクラスの高級クロスオーバーSUV。「メルセデスベンツ・GLC」とか「BMW・X3」、「アウディ・Q5」です。

マイナーチェンジ情報

2019年にマイナーチェンジ。内外装の小変更や、ボディ剛性と足回りの強化、先進安全機能の充実などが行われてます。

スポンサーリンク

外観

全長4890mmX全幅1895mmX全高1710mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2790mmとなります。

フロント

直線を基調としたメカニカルなフロントノーズに専用スピンドルグリル。シャープなLEDヘッドライトと、専用フロントロアバンパーモール(メッキ)が装備され、切れ味の良いスポーティなフロントフェイスを構成。

サイド

エッジの効いたサイドパネルに強く傾斜したA&Dピラー(前後の柱)。ロングホイールベース(前後ホイール間の長さ)と20インチ専用アルミホイールがあいまって、近未来感あふれるSUVルックを形づくっています。

リア

強く傾斜したリアウィンドウとグラマラスなヒップライン。ワイド感を強調するリアコンビランプに、専用リアバンパーモール(メッキ)が組み合わされます。塊感のある上質なリアエンド。

スポンサーリンク

内装

しっとりとした樹脂と鈍く光るシルバーパーツを組み合わせた、上質感あふれる室内。専用本革巻きステアリング&シフトノブが装備され、スポーティな雰囲気を盛り上げます。

メーター類は今流行りの「擬似的アナログメーター」。いわゆる「バーチャルコックピット」です。高精度液晶ディスプレイによって、大きなメーターを眼前に表示しています。

シート

フロントシートは「表皮一体発泡工法」で作られた専用スポーツシート。表皮とクッションを一体成型することで、人間の複雑な形にフィットするホールド性の高いシート形状を実現んしています。ロングドライブでも身体が沈み過ぎることは無く、常に均一な力で支えます。

ホイールベースが伸ばされたことによって、リアシートを中心に居住空間が拡大。特に足元空間には、広々とした余裕が生まれています。

荷室

荷室には広大なスペースを確保、家族4人であれば荷物の嵩張るキャンプも可能です。さらにシートバックを倒せば荷室容量を自在に拡大することもできます(電動式)。

リアゲートには、リアエンブレムに手をかざすだけで自動的にバックドアを開く「タッチレスパワーバックドア」も装備。

静粛性

室内には遮音材がしっかりと装備され、高級SUVにふさわしい高い静粛性能を持ちます。

エンジンとミッション

1998cc・直列4気筒DOHCターボエンジンに、6速ATが組み合わされます。
最高出力238ps/4800-5600rpmと、最大トルク35.7kgf・m/1650-4000rpmを発揮。

車両重量1900kg。JC08モード燃費は、11.8km/l。

エンジン

2.0Lのツインカムターボで前輪を駆動(FF)。エンジン出力はノーマルと同じながら、低速からぶ厚いトルクを発生する力強いパワーユニット

アクセルを軽く踏み込むだけで軽やかに発進し、この1.9tちょうどのボディをスムーズに押し出します。中高速域にかけてさらにパワーが盛り上がり、街中から高速域まで余裕のある走りが可能です。坂道や高速での合流でも、まわりの流れをリードしてグイグイと加速します。

トランスミッション

トルコン式の6速ATを装備。ダイレクト感あふれるスムーズなトランスミッション。ぶ厚いトルクを活かして低回転を維持、上質な走りをサポートします。

乗り心地とハンドリング

前輪にマクファーソン・ストラット式サスペンション、後輪にはダブルウィッシュボーン式サスペンションを装備。前後ともにスタビライザーで強化。

乗り心地

装着されるタイヤは前後ともに235/55R20。

専用スポーツサスが装備され、やや引き締まったスポーティな乗り心地。ドライブモードの変更によって、ダンパーの硬さに自動制御されます。当然ながら一番スポーティな「SPORT S+」を選択すると、ダンパーの硬さも最大となります。

低速ではややゴツゴツ感がありますが、速度を増すほどにフラットな印象が強まり、しなやかさを伴なった上質な乗り味をみせます。

ハンドリング

穏やかなロール感を伴った自然なステアリングフィール。外側のサスが沈み込んだところで、じわっと旋回するイメージです。ドライバーが意図したラインを正確にトレースしてくれるため、気持ちよく曲がることができます。

最小回転半径は5.9mと大きく、狭い路地での切り返しでは苦労します。

その他

先進安全技術は最新の「Lexus Safety System +」を搭載。このパッケージには「プリクラッシュセーフティシステム(衝突被害低減ブレーキ)」や「レーンキーピングアシスト(車線維持補助)」、「オートマチックハイビーム」、「レーダークルーズコントロール(車間距離維持・前車追従)」といった機能が含まれます。

【評価レビュー】のまとめ

「レクサス RX 300 Fスポーツ」は、パワフルなエンジンに専用スポーツサスを装備した高級クロスオーバーSUV。

「スポーツ」といってもガチガチに固められているわけではなく、レクサスにふさわしい上質感と快適性能もしっかりと残されています。

ホイールベースが拡大されたことにより、室内の居住性も向上。荷室にもゆったりとした容量が確保されています。

「カッコいいクロスオーバーSUVが欲しいけど、SUV特有の腰高感が苦手」とか、「使い勝手の良いSUVを探しているが、乗り心地やプレミアム感も重視したい」といった人にピッタリな一台です。

中古車市場では

2017年式「レクサス RX 200t Fスポーツ(300の前グレード名)」で560万円前後。2015年式で500万円台前半となります(2018年3月現在)。

新車価格

5,801,000円(消費税込み)

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

修正ばっかりしてると新記事の投稿ができないんで、新記事3に対して修正1くらいの割合でやってます(2019年6月〜)