レクサス、「レクサス LS+ Concept」をワールドプレミア(世界初公開)。自動運転技術を見据えた次世代のLS!【東京モーターショー2017】

「レクサス LS+ Concept」斜め前

2017年10月25日(水)から11月5日(日)までの12日間、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催されていた「第45回東京モーターショー2017」(10月25日、26日はプレスデイ。10月27日はプレビューデイ。一般公開は10月28日から11月5日まで)。

レクサスはこの会場で、コンセプトカー「レクサス LS+ Concept」をワールドプレミア(世界初公開)していました。今回も会場で撮影した写真とともにお伝えします。

LEXUSは、10月25日(水)から11月5日(日)までの12日間*1、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される第45回東京モーターショー2017において、実用化を見据えた自動運転技術を提案するコンセプトカー「LS+ Concept」を世界初公開した。

引用:レクサス公式サイト

スポンサーリンク

「レクサス LS+ Concept」の概要

「レクサス LS+ Concept」は、次世代のLSとしてトヨタが開発したコンセプトカー。

現在トヨタ自動車は、2020年に開催される東京オリンピックに合わせ、高速道路を完全な自動運転で走る車を開発しています。

「レクサス LS+ Concept」には、この自動運転システムが搭載されており、高速道路において入り口ランプウェイ(料金所から本線までの坂道)から出口ランプウェイまで完全な自立制御で走行することができます。

具体的には、合流、レーンチェンジ、車線・車間維持、分流などの制御を自動的に行います。車とデータセンターは通信によってリンクされており、ソフトウェアのアップデートを行うことによって、新しい機能を追加することもできます。これは、テスラのアップデート機能とよく似たシステムですね。

自動運転を行うAIは、道路や周辺データをビッグデータとして常時蓄積しており、このデータを元に学習を進めより正確な制御ができるように進化していきます。

データセンターでこういった膨大なデータを日々蓄積していけば、さらに爆発的な進化ができそうです。

スポンサーリンク

「レクサス LS+ Concept」の外観

レクサスのデザイン哲学「L-finesse」に基いてデザインされた、先進的で威厳のあるスタイリング。

フロント

「レクサス LS+ Concept」のフロント

スムーズでエッジの効いたフロントノーズに、L字型のヘッドライト、大きなスピンドルグリルが組み合わされた、次世代のフラッグシップにふさわしいエレガントなフロントフェイス。

サイド

ロングホイールベースとなだらかなルーフが相まって、ロングノーズ&ビッグキャビンの美しくも力強いサイドビューを形づくっています。

リア

「レクサス LS+ Concept」のリア

ワイドなヒップラインに、紡がれる細い糸をモチーフにしたリアコンビランプが組み合わされ、気品漂うリアエンドを構成。自動織機にルーツを持つトヨタ自動車の深い歴史と威厳を感じさせます。

スポンサーリンク

今後の販売予定

レクサスでは、2020年のオリンピックに合わせて「自動車専用道路での完全な自動運転を実現する」という目標を掲げています。

「レクサス LS+ Concept」は、この自動運転システムが搭載される最初の車となる予定ですから、実際の発売時期も2020年中ということになります。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)

切れ痔がぶり返してきたー!(2018年10月)

フランスモーターショー行きたい(2018年10月)