ヤマハ発動機、「YAMAHA MWC-4」をワールドプレミア(世界初公開)。バイクの楽しさと4輪の快適性を併せ持つ、4輪版LMW。【東京モーターショー2017】

「YAMAHA MWC-4」のサイド

2017年10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催されていた「東京モーターショー2017」。

ヤマハ発動機は、この会場で世界初効果となる「YAMAHA MWC-4」を参考出品していました。今回も会場で撮影した写真とともにお伝えします

シールド越しに感じる風。マシンと一体化してリーンするコーナリングの爽快感。そんなモーターサイクルの官能を、より多くの人が体験できるモビリティへ。

引用:ヤマハ発動機公式サイト

スポンサーリンク

「YAMAHA MWC-4」の概要

「YAMAHA MWC-4」は、前後2輪ずつを装備した4輪版のLMW(リーニング・マルチ・ホイール)。

「ハーフサイズ・モビリティ(確かにコンパクトカーの半分程度のサイズ感があります)」をコンセプトに開発され、従来の二輪バイクには無い快適性能と電動モーターによるトルクフルでスムーズな走行フィール、AIによる姿勢制御技術が組み合わされた新感覚の乗り物です。

4輪の安定性を維持しながらも、二輪バイクのような人馬一体感。官能的な走りの楽しさを感じることができます。

スポンサーリンク

「YAMAHA MWC-4」のスタイリング

「YAMAHA MWC-4」のフロント

特徴的な外観は「モーターサイクル」と「楽器」からインスプレーションを得たもので、ヤマハが長年に渡って培った「技術と伝統」がその外観にしっかりと落とし込まれています。

フロント

左右に薄く広がるフロントカウルに細長いLEDライトが装備された、美しくも有機的なフロント周り。コーナリングの度にむき出しのフロントサスが、生物のような動きで巧みにボディを制御します。

サイド

トライアングル形状をベースに、前後ホイールとキャビンをバランス良くレイアウト。楽器のようなメカニカルで線の細い美しさがあります。

リア

優美な曲線で描かれたリア周りにL字型のリアコンビランプをレイアウト。後ろから見ると、ロボットの顔のようにも見えます。

スポンサーリンク

主要スペック

項目 スペック
パワーユニット 水冷2モーター+発動機専用エンジン
全長x全幅x全高 2680mmx900mmx1480mm
乗車定員 2名

今後の販売予定など

「YAMAHA MWC-4」は純粋なコンセプトカーですから、今後の具体的な発売予定はありません。LMWの可能性を提案してるにすぎません。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)

切れ痔がぶり返してきたー!(2018年10月)

フランスモーターショー行きたい(2018年10月)