レクサス、「レクサス LX 570」を展示。本格的悪路走破性を持つ、高級クロスカントリーSUV【東京モーターショー2017】

レクサス LX 570のフロント

2017年10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催されていた「東京モーターショー2017」。

レクサスはこの会場の自社ブースで、高級クロスカントリーSUV「レクサス LX 570」を展示していました。今回も会場で撮影した写真とともにお伝えします。

LEXUSは、第45回東京モーターショー2017で、 自動運転の実用化を見据えたフラッグシップコンセプトカー「LS+ Concept」を世界初公開。 また“F”誕生10周年を記念して限定発売するRC F・GS Fの特別仕様車もあわせて発表しました。 フラッグシップセダン新型「LS」、2017年3月に発売したラグジュアリークーペ「LC」、 マイナーチェンジした「CT」「NX」など、全12車種を出展します。

引用:レクサス公式サイト

スポンサーリンク

「レクサス LX 570」の概要

「レクサス LX 570」は、レクサスSUVシリーズにおけるフラッグシップモデル。トヨタ・ランドクルーザーと共通のプラットフォーム(基本骨格)を持つ、フルサイズの高級クロスカントリーSUVです。

初代レクサスLXが登場したのは1996年のアメリカ。レクサス初の高級SUVとして発売され、当時のアメリカで高い人気を得ていました。

その後、2代目の発売を経て、2007年にこの3代目レクサスLXが登場。発売当初、日本市場への導入はありませんでしたが、2015年のマイナーチェンジとともに「レクサスLX750」として日本へも導入されています。

日本市場へ導入されるのは「LX 570」のみとなるモノグレード構成。5.7リッターV8ツインカムエンジンに8速ATが組み合わされ、駆動方式は本格的な悪路走破性を持つ「フルタイム4WD」です。

2012年にビッグマイナーチェンジが行われ、レクサス共通となるスビンドルグリルを装備。2015年には二度目のマイナーチェンジが行われ、内外装のリファインと装備の充実、先進安全技術「Lexus Safety System +」を搭載しています。

スポンサーリンク

「レクサス LX 570」のスタイリング

レクサス LX 570のリア

フロント

水平に伸びるがっちりとしたフロントノーズにシャープなヘッドライト。重厚感あふれる大型スピンドルグリルが装備され、フラッグシップSUVにふさわしい威風堂々とした佇まいです。

サイド

グラマラスなサイドパネルに前後に長いボディ。がっしりとしたキャビンと20インチ・大径アルミホイールが組み合わされ、伸びやかさと力強さを感じさせるサイドビュー。

リア

レクサス LX 570の荷室

幅、高さともに巨大なリアエンドに上質なL字型リアコンビランプ。力強く大地を掴むリアフェンダーがあいまって、力強く存在感のある後ろ姿。

スポンサーリンク

主要スペック

項目 スペック
パワーユニット 5662cc・V型8気筒DOHCエンジン
トランスミッション 8速AT
最高出力(エンジン) 377ps/5600rpm
最大トルク(エンジン) 54.5kgf・m/3200rpm
全長x全幅x全高 5080mmx1980mmx1910mm
ホイールベース 2850mm
車両重量 約2680kg
駆動方式 4輪駆動(フルタイム4WD)
ボディタイプ クロスカントリーSUV(5ドア・ハッチバック)

メーカー希望小売価格

11,150,000円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)