レクサスが、“F”設立10周年を記念した特別モデル「レクサス RC F “F”10周年記念特別仕様車」を発表!限定25台で5月に発売(予約は2月から)【東京モーターショー2017】

レクサス RC F “F”10周年記念特別仕様車のフロント

2017年10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催されていた「東京モーターショー2017」。

レクサスはこの会場の自社ブースで、“F”設立10周年を記念した特別モデル「レクサス RC F “F”10周年記念特別仕様車」を発表していました。今回も会場で撮影した写真とともにお伝えします。

LEXUSは、第45回東京モーターショー2017で、 自動運転の実用化を見据えたフラッグシップコンセプトカー「LS+ Concept」を世界初公開。 また“F”誕生10周年を記念して限定発売するRC F・GS Fの特別仕様車もあわせて発表しました。 フラッグシップセダン新型「LS」、2017年3月に発売したラグジュアリークーペ「LC」、 マイナーチェンジした「CT」「NX」など、全12車種を出展します。

引用:レクサス公式サイト

スポンサーリンク

「レクサス RC F “F”10周年記念特別仕様車」の概要

「レクサス RC F」は強化されたボディに専用スポーツサス、「GS F」にも搭載される5.0リッターV8ツインカムエンジンを搭載した「RC」のハイパフォーマンスバージョン。

車名に刻まれる”F”は、レクサスのハイパフォーマンスモデルに特別に与えられるカテゴリー名で、初めて登場したのは2007年発売の「IS F」から。「日常からサーキットまで、誰もがシームレスに走りを楽しめる」を開発テーマに、日常域での快適性能とサーキットでの本格的なスポーツ走行を両立した車づくりを行っています。

今回、その“F”誕生から10年を経て、新たに「レクサス RC F “F”10周年記念特別仕様車」が発表されました。

「RC F」をベースに様々な特別パーツが装備され、アニバーサリーにふさわしい贅沢なモデルに仕上げられています。

特別装備の内容

このモデルのために特別に開発されたマットカラー「マットマーキュリーグレーマイカ」が渋いです。マット系カラーは最近ショーモデルや特別限定車で流行りのカラーですが、洗車やコーティングがどうなるのかちょっと気になります。

スポット溶接の増打ちやブレースで強化されたボディに「ハイパフォーマンスダンパー」が組み合わされ、高い走行性能を実現。

その他には「チタンマフラー」や「CFRP(炭素繊維強化樹脂)製外装パーツ」といった軽量化パーツも装備。装備増加による重量増を最小限に押さえています。

室内は、“F”のテーマカラーでもある「ヒートブルー」をあしらった専用インテイリア。「セミアニリン本革スポーツシート」も装備され、スポーティでゴージャスな雰囲気を演出しています。

スポンサーリンク

「レクサス RC F “F”10周年記念特別仕様車」のスタイリング

レクサス RC F “F”10周年記念特別仕様車のリア

フロント

伸びやかなフロントノーズにLEDヘッドライト。V字型LEDライナーに大型スピンドルグリルが組み合わされ、スポーティで迫力あるフロントフェイスを構成。

専用CFRPフロントスポイラーが装備され、スポーティな雰囲気を強調しています。

サイド

ロングノーズ&ショートデッキの美しいFRルック。伸びやかなボディに「19インチ専用アルミホイール(BBS製)」が組み合わされ、上質で躍動感のあるサイドビューです。

その他には専用装備として「CFRPサイドエアアウトレット&大型ロッカーモール」や「専用ブレーキキャリパー(ブルー)」なども装備。

リア

ボリュームのあるリアエンドにハイデッキ化されたトランクリッド。小さく絞り込まれたキャビン(居住スペース)が対比され、スポーティでダイナミックな後ろ姿を形づくっています。

専用装備として「CFRPリアサイドスポイラー」や「CFRPリアディフューザー」、「チタンマフラー」といったパーツをふんだんに装備。

スポンサーリンク

主要スペック

項目 スペック
パワーユニット 4968cc・V型8気筒DOHCエンジン
トランスミッション 8速AT
最高出力(エンジン) 477ps/7100rpm
最大トルク(エンジン) 54.0kgf・m/4800-5600rpm
全長x全幅x全高 4705mmx1850mmx1390mm
ホイールベース 2730mm
車両重量 約1810kg
駆動方式 後輪駆動(FR)
ボディタイプ 2ドア・クーペ

今後の販売予定

2018年5月、35台数限定で販売予定。予約受け付けは2月1日から(先着順)。

予定価格は17,000,000万円(消費税込み・正式な価格発表は3月中旬を予定)。

「東京モーターショー2017」閉幕後、正式名称を「RC F ”F 10th Anniversary”」に変更。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)

切れ痔がぶり返してきたー!(2018年10月)

パリモーターショー行きたい(2018年10月)