新型 トヨタ ハリアー プレミアム(ターボ/4WD/6AT)(3代目)【評価レビュー】マイナーチェンジによって、パワフルなターボエンジンを搭載! [DBA-ASU65W]

今回の【評価レビュー】は「新型 トヨタ ハリアー プレミアム(ターボ/4WD/6AT)(3代目)」。
2013年にフルモデルチェンジした、MクラスのクロスオーバーSUVです。

ラグジュアリーな街乗りSUVとして、先駆的な役割を果たした初代ハリアー(レクサスRX)ですが、3代目ハリアーはより手軽なSUVとして一回り小さくなって生まれ変わりました。

基本となるプラットフォーム(基本骨格)は、これまでのカムリ用からRAV4に使われる「MCプラットフォーム」へと変更。レクサスRXの日本市場向けモデルであった先代と異なり、国内専用モデルとして独立した設計が行われています。

2017にはマイナーチェンジが行われ、ボディ剛性や足回りの強化、外装デザインの変更を実施。同時にターボモデルがラインナップに加わりました。

※忙しくてあまり時間の無い人は、文末の「【評価レビュー】のまとめ」をどうぞ。

スポンサーリンク

外観

全長4725mmX全幅1835mmX全高1690mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2660mmとなります。

フロント

薄くなったフロントグリルにシャープな角型ヘッドライト。ダイナミックな形状のフロントバンパーが組み合わされ、上質で力強いフロントフェイス。

サイド

長いフロントノーズに傾斜の強い前後ピラー(柱)が相まって、スポーティで美しいサイドビューを構成。新デザインとなった18インチアロイホイール(切削光輝タイプ)が標準装備され、足元から上質な雰囲気を醸し出しています。

リア

むっちりとした張りのあるヒップラインに、デザインの刷新されたテールランプが薄くはめ込まれ、力強さと安定感を感じさせるリアエンド。

スポンサーリンク

内装

しっとりとした質感の樹脂にメタルパーツ&レッドステッチが効果的に配置された、上質感あふれる室内。メーター表示は視認性の高い二眼タイプ。ステアリングは本革巻きとなります。さらにターボモデルには、スポーティなメタルカーボン調パネルも追加されます。

シート

前席は、アルカンターラと合皮のコンビシート。上質なアルカンターラにコシのあるクッションが組み合わされ、疲れの少ない快適なシートに仕上がっています。

後席は、頭上空間にやや窮屈感があるものの、実際の居住スペースに問題はありません。足元にはゆったりとしたスペースがあり、大人二人で十分座ることができます。

荷室

荷室には広大なスペース(599L)があります。これなら荷物のかさばるキャンプも十分可能です。

静粛性

室内にはしっかりと遮音対策が施されており、ラグジュアリーSUVにふさわしい静粛性を持っています。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

1998cc・直列4気筒DOHCターボエンジンに、6速ATが組み合わされます。
エンジンは、231ps/5200-5600rpmの最高出力と、35.7kgf・m/1650-4000rpmの最大トルクを発揮。

車両重量1700kg。JC08モード燃費は、12.8km/l。

エンジン

2.0Lのツインカムターボで4輪を駆動(フルタイム4WD)。低速から力強いトルクを発生するダウンサイジング系ターボ。1.7tの重量級ボディをキビキビと活発に走らせます。

アクセルと強く踏み込めば、猛々しいターボサウンドを楽しむことができます。

トランスミッション

トルコン式の6速ATを装備。たっぷりとした低速トルクを活かして、早いタイミングでリズミカルに変速。レスポンスに優れたスムーズな変速フィールをみせます。

乗り心地とハンドリング

前輪にマクファーソン・ストラット式サスペンション、後輪にはダブルウィッシュボーン式サスペンションを装備。

乗り心地

装着されるタイヤは、前後ともに235/55R18。

ゆったりとした乗り味のハイブリッド系に対して、ターボ系の乗り味は適度に引き締まったしなやかさが特徴です。

高速域では4つのサスが巧みに上下して余分な衝撃を吸収。フラットな姿勢でまっすぐに直進します。

目地段差や橋脚のジョイントでは、路面からの衝撃を車内に伝えてしまいます。

ハンドリング

適度に重厚感のあるスポーティなハンドリング。ドライバーの操舵に対してキビキビと反応して、軽快感あふれる走りをみせます。ただし、やや路面からの情報が不足しており、運転する実感に乏しいです。

最小回転半径は5.6m。

その他

先進安全技術は最新のミリ波レーダーと単眼カメラを併用した「Toyota Safety Sense P」を標準装備。このパッケージには「プリクラッシュブレーキ(衝突被害低減ブレーキ)」や「レーンディパーチャーアラート(車線逸脱警報&制御)」、「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)」などが含まれます。

【評価レビュー】のまとめ

トヨタ・ハリアーは、パワフルなターボエンジンに、スポーティな乗り味。かっこいいスタイリングを纏った上級クロスオーバーSUVです。

コンパクトなRAV4をベースに国内専用モデルとして開発されているため、先代ハリアーよりも一回り小さく、使い勝手や取り回しも良好です。

「コンパクトで上質なクロスオーバーSUVを探している」とか、「ハリアーを購入したいが、自然吸気エンジン仕様やハイブリッド仕様では少々物足りない」といった人にピッタリな車です。

中古車市場では

ハリアーのターボモデルは昨年登場したばかりなので、市場にタマ自体がほとんど存在しません。自然吸気エンジン仕様の「2017年式ハリアープレミアム」なら、330万円前後。2013年式なら200万円台前半となります(2018年2月現在)。

価格

価格 | 3,714,120円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)