新型BMW 218i アクティブツアラー(F45)【試乗評価】おしゃれでお手軽な価格のBMW [DBA-2A15]


BMW218iアクティブツアラー前面画像

今回は「新型BMW 218i アクティブツアラー Luxury(F45)」を試乗レポートいたします。
グループ内のMINIとプラットフォームを共有する、BMW初の前輪駆動ミニバンです。
2013年にドイツ本国で発売され、日本仕様の発売は翌年の2014年です。

スポンサーリンク

外観

全長4350mmX全幅1800mmX全高1550mmのボディサイズを持ちます。またホイールベースは2670mmとなります。

切れ味のない、ぼよんとしたボディスタイルです。しかし、その分主張も穏やかになるので、BMWとしては控えめでおとなしい印象です。
ご近所の手前、あまり目立ちたくないという人には、かえって好まれるかもしれません。

グランツアラーとの違いは、後部ドア以降のボディデザイン全般です。
前後に長いサイドウィンドウと立ち気味のDピラーにより、まさにミニバンそのものというスタイリングのグランツアラーに対して、短いボディと傾斜したDピラーによって、ハッチバック的なスタイリングのアクティブツアラーです。

しかしこのアクティブツアラーは、背の低い1シリーズ等と並ぶとボディに厚みがあり、やはりミニバンだなと感じる不思議なデザインです。

BMW218iアクティブツアラー後部画像
スポンサーリンク

内装

シンプルながら、BMW的なメカニカルな緻密さがあり、合理的で使いやすい室内です。
質実剛健ながっしりした樹脂の素材感と、レザーシートが独特の上質感を感じさせます。

アップライトなポジションと見切りの良いボディにより、運転がしやすいです。見晴らしも良く、視界は広々としていて快適です。

ドイツ車らしいしっかりとした造りのフロントシートが装備されています。これなら長距離ドライブでも疲れません。
シートには上質な本革(シートヒーター付き)が標準装備されています。

後席にリクライニングと前後スライドが装備され、広々とした快適な室内空間を持ちます。グランツアラーに装備されていた3列目は取り除かれ、215mmほど全長が短くなっています。

後部の荷室には床下収納が備わり、後席を倒すとさらに広い荷室として使えます。

車内はノイズの侵入も少なく、快適です。

BMW218iアクティブツアラー内装画像
スポンサーリンク

エンジンとミッション

1.5L直列3気筒DOHCターボエンジンに、6速ATが組み合わされます。
エンジンは、136ps/4400rpmの最高出力と、22.4kgf・m/1250-4300rpmの最大トルクを発揮します。
JC08モード燃費は、16.8km/lとなります。

低速トルクがたっぷりとしており使いやすいエンジンです。コンフォートモードでも必要十分以上の加速ができます。
しかし車両重量1460kgとMINIより重いため、軽快感は落ちます。

アイドリングストップの振動が大きめです。また坂道で加速しようとアクセルを踏み込むと、3気筒ターボエンジン独特のノイズが少し気になりますが、音量自体はそう騒がしいものではありません。
また組み合わされる6速ATは、スムーズかつリズミカルで気持ちの良いフィールを持ちます。

足回りとハンドリング

前輪にマクファーソンストラット式サスペンション、後輪にはマルチリンク式サスペンションが装備されます。
日本仕様は車高を下げて立体駐車場に対応させるため、スポーツサスが標準装備されています。

スポーツサスの装備により、コーナリング、直進性ともに安定感が高く、引き締まったしなやかな足回りです。
ステアリングはしっとりとした質感で、ドライバーの意図したラインを忠実にトレースしていきます。
前輪駆動車にしては前輪加重が少なく、自然な気持ちのいいハンドリングを持ちます。サスストロークも短めで、背の高いミニバンボディとしてはロールは最小限です。

足は硬めながら段差の吸収が上手く、不快な衝撃が車内に侵入することはありません。
日本車にはない独特のフィールで、ミニバンとしては異例に運転が楽しいです。

評価のまとめ

ドライブフィールはBMWの後輪駆動車とは少し異なる印象ですが、製品の完成度や質感はまどうことなくBMW品質です。
前輪駆動ならではのクセも最小限で、MINIで培われた技術の蓄積が感じられます。おしゃれなBMWを手軽な価格で乗りたいと言う人にオススメできる一台です。

しかし、BMWならではの濃い乗り味を求めている方には、後輪駆動のBMWを強くオススメします。
また1シリーズは今度のモデルチェンジで、このアクティブツアラーのプラットフォームが使われる予定です。
安くて楽しいBMWの後輪駆動車を買えるのは、今回の1シリーズが最後かもしれません。

価格

価格 | 3,920,000円(税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

最近は気温の上昇とともに体調も除々に回復!長い冬でした(2018年4月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の更新がしばらく少なくなります(2018年4月)