新型フォルクスワーゲン パサート ヴァリアント【試乗評価】知的でクールな頼れるお父さん [DBA‐3CCZE]


VWパサートヴァリアント前面画像

今回は「新型VWゴルフ パサート ヴァリアント TSI Highline」を試乗レポートします。
VWヴァリアントは2015年のモデルチェンジで8代目となりました。
この8代目パサートヴァリアントは、現行のゴルフと共通のプラットフォームを採用しており、それにともないホイールベースが80mm延長されています。

セダンについては、「新型VW パサート(B8)」のページをご覧ください。
また、ハイブリッド仕様車の情報については、「新型 フォルクスワーゲン パサート GTE ヴァリアント(ハイブリッド)【試乗評価】」をご覧ください。

スポンサーリンク

外観

先代の優しいお父さんといった印象の外観から、打って変わって、シャープでクリーンな印象のエクステリアデザインです。ワイド&ローなフォルムとなったこともあり、スポーティかつ迫力満点です。
さらに、はっきりした強い印象のキャラクターラインを使って、硬質な凛々しさが強調されています。

ボディ後端をスタイリッシュに絞り込むような事はせず、広大な荷室と居住空間を作り出しているのは、先代と変わらないパサートの美点です。斜め後ろから眺めると、巨大なボディに圧倒されます。
ただ、面や線には良く吟味された緊張感が与えられており、大きなボディによる間延び感はありません。

また、ちょっとアウディA4にも似ているリアコンビランプは、知的でクールな印象です。立ち気味のリアゲートと相まって、質実剛健で男らしいリアデザインを構成しています。

VWパサートヴァリアント後部画像
スポンサーリンク

内装

ゴルフと共通のモチーフやパーツを使いながらも、より上質で落ち着いた印象のインテリアです。水平に一直線にレイアウトされた木目パネルとアナログ時計、控えめに施された各部のメタルパーツによって、ちょっと高価な高級家具のような佇まいです。

このハイラインには、標準で本革シートが装備されます。シートに使われている本革素材は、がっちりした頑丈な質感ながら、肌触りのいい上質なタッチを持ちます。またサイズもストローク感もたっぷりで、適正なコシと硬さがあります。それによって体圧を適度に分散してくれるので、長距離移動でも疲れません。

リアシートも、フロントシートと同様に快適な座り心地です。頭上と足下ともに広々とした余裕があります。

ロードノイズや風きり音の侵入は最小限で、遮音性が高く室内は静かです。

VWパサートヴァリアント内装画像
スポンサーリンク

エンジンとミッション

1.4L直列4気筒ダウンサイジングターボと、7速DSGが組み合わされます。
150ps/5000rpm-6000rpmの最高出力と、25.5kgm/1500rpm-3500rpmの最大トルクを発生します。

7速DSGは低速で若干ギクシャクしますが、走り出せばスムーズでダイレクト感あふれる気持ちのいいフィールを持ちます。

1.4Lダウンサイジングターボは、3L自然吸気エンジン並みの大きなトルクを発生します。これは1.5tの軽量ボディという事もあり、必要十分以上の動力性能で日常域で不足感はありません。
少々の上り坂や合流、高速域からの加速など力強くこなしてくれます。

また「Sモード」にしてアクセルを踏み込めば、気持ちのいいサウンドを放ちながらさら力強い加速が得られます。

足回りとハンドリング

前輪にマクファーソンストラット式サスペンション、後輪には5リンク式サスペンションが装備されています。
前後共に、スタビライザーで強化されています。

ステアリングフィール、ブレーキのタッチ、全ての操作感が軽快でスムーズです。直進安定性は高いのですが、ステアリングセンターがやや曖昧で、少し不安定なフィールです。
ただハンドリング自体はリニアな操舵感で、思った方向に自然にノーズを向けてくれます。

延長されたホイールベースのおかげで、姿勢変化が少なくフラットライドな乗り心地です。乗り心地は硬めながら、高性能な5リンク式サスが精密に作動して、小さな周期の振動をしなやかに吸収します。また、高いボディ剛性とよく動くしなやかな足回りにより、段差の衝撃なども一発で収束させます。

評価のまとめ

先代のパサートは、大きくて、もっさりしたゴルフといった感じで、どちらかというと中途半端な印象の車でした。しかし今回の新型パサートは、上質な内外装と高い質感の走りを備え、ひとクラス上の仕上がりです。

予算と価値観に応じて、「A4アバント」、「パサートヴァリアント」、「ゴルフヴァリアント」と、グループ内に魅力的なステーションワゴンが揃いました。

上質なステーションワゴンが欲しいが、ベンツBMWアウディでは気恥ずかしいという人にオススメの一台です。

主要諸元と価格

全長X全幅X全高 | 4775mmX1830mmX1510mm
JC08モード燃費 | 20.4km/l
価格 | 4,330,000円(税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

最近は気温の上昇とともに体調も除々に回復!長い冬でした(2018年4月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月)