新型VW パサート(B8)【試乗評価】控えめながら重厚感のある外観と質感の高い走り [DBA-3CCZE]

VWパサートセダン前面画像

今回は「新型VW パサート TSI R-Line(B8)」を試乗レポートいたします(写真はHightlineです)。
VWパサートは2014年のモデルチェンジで8代目となりました。日本市場では翌年の2015年より販売されています。

ステーションワゴンについては、「新型VW パサート ヴァリアント」のページをご覧ください。

スポンサーリンク

外観

全長4785mmX全幅1830mmX全高1470mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2790mmとなります。

このR-Lineは、Hightlineの装備をベースに18インチアルミホイール、専用グリル、専用フロント&リアバンパー、サイドスカート、リヤスポイラー等が装備されています。

フロントフェイスは基本的にヴァリアントと共通で、水平基調でワイド&ローといった迫力あるスポーティな面構えです。

VWパサートセダン側面画像

サイドビューは、ホイールベースが延ばされ、さらにフロントオーバーハングが切り詰められて、キャビンの前部が少し後退しています。そのせいで、先代の凡庸で間延びしたスタイリングから、スポーティで躍動感溢れるスタイリングに劇的な変化を遂げています。これは、同じグループ内のアウディA4と同じ手法ですが、A4との差別化のためパサートにはFF車らしいバランスが少し残されています。

VWパサートセダン後部画像

リアビューは、シンプルながら知的でクリーンな印象のリアコンビランプがレイアウトされ、緊張感のある面構成と相まって上質でスポーティなスタイルです。

スポンサーリンク

内装

室内は上質でスポーティなブラック基調のデザインで、本革巻きの3本スポークステアリングが装備されます。

VWパサートセダン内装画像

前席のシートには専用ツートンナパレザーが装備されます。内部にはたっぷりとしたアンコが詰め込まれ、しっかりとしたコシのある快適な座り心地です。
後席のシートは、シートバック、座面ともにたっぷりとした容量が確保されており、長時間座っていても疲れません。頭上空間、膝周りなどのスペースにも余裕があります。

大きな容量(586L)のトランクルームが装備され、2、3人程度の1泊旅行なら十分こなせる大きさです。

また、ボディには遮音材がたっぷりと詰め込まれ、同時にガラスにも遮音性能の高い素材が使われているため、車内はとても静かです。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

1.4L直列4気筒DOHCターボエンジンと、7速DSGが組み合わされます。
エンジンは、150ps/5000-6000rpmの最高出力と、25.5kgf・m/1500-3500rpmの最大トルクを発揮します。
JC08モード燃費は、20.4km/lとなります。

1.4Lという小さなエンジンながら、低速からたっぷりとしたトルクが沸き上がり、力強い加速を見せます。軽量化された1460kgのボディと相まって、日常域では必要十分以上の動力性能です。高速域での合流や追い越し、上り坂での加速などスムーズかつパワフルにこなします。

組み合わされる7速DSGは、低速での僅かなギクシャク感は残るものの、制御プログラムが随分と改善されており、スムーズかつダイレクトな変速制御を行います。

足回りとハンドリング

前輪にマクファーソンストラット式サスペンション、後輪には4リンク式サスペンションが装備されます。
前後共にスタビライザーで強化されています。

足回りは基本的に標準車と共通ですが、扁平率の低いハイグリップタイヤをバランス良く履きこなしており、ステアリングを切り込んでいくとタイヤのグリップ力を生かして、リニアにノーズが向きを変えていきます。ロールも最小限でコーナリングも安定しています。

Trendlineに装備される215/60R16のタイヤサイズに対して、R-Lineでは235/45R18の扁平率の低いタイヤが装備されています。
そのため低速では若干の凸凹感が感じられますが、ストロークのたっぷりしたサスとがっしりとした高剛性ボディ、厚みのある座り心地の良いシートが相まって、しなやかで上質な乗り心地です。また、ボディの挙動はフラットに保たれており、直進安定性も良好です。

評価のまとめ

プレミアム感あふれる上質な内外装と、しなやかで乗り心地の良い足回り、力強く扱いやすいスムーズなエンジンにより、今までのパサートよりひとクラス上の仕上がりです。

余裕のあるサイズ感の上質なプレミアムカーを探しているが、ベンツやBMWのような派手な車は気が引ける、かといって国産車ではつまらないという人にオススメの一台です。

価格

価格 | 4,609,800円(税込み)

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

修正ばっかりしてると新記事の投稿ができないんで、新記事3に対して修正1くらいの割合でやってます(2019年6月〜)