新型 フォルクスワーゲン パサート GTE ヴァリアント(ハイブリッド)【試乗評価】上質で力強いハイブリッドカー [DLA-3CCUK]

今回は「新型 フォルクスワーゲン パサート GTE ヴァリアント Advance」を試乗レポートいたします。
パサートヴァリアントは、2014年のモデルチェンジで8代目となりました。日本市場では翌2015年より発売が開始されています。
このGTEは、2016年より追加されたパサートヴァリアントのハイブリッド仕様車です。

ガソリン仕様車の情報をご覧になりたい方は、「新型フォルクスワーゲン パサート ヴァリアント【試乗評価】」のページをどうぞ。

スポンサーリンク

外観

全長4775mmX全幅1830mmX全高1500mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2790mmとなります。

ガソリン車とハイブリッド車の外観上の違いはほとんどなく、ヘッドライトとグリルの上辺を結ぶラインに、半透明の青いモールドが装備されている事と、フロントバンパーのLEDライナーのデザインが違うことくらいです。ただ、ベース車両のパサートのクリーンなデザインとの相性は抜群で、ハイブリッドならではの先進的で知的なイメージを見事に表現しています。

サイドビューも、ガソリン車とほぼ同じデザインです。短いフロントオーバーハングと伸びやかなキャビンの対比が美しく、重厚感のある流麗なシルエットに仕上がっています。

リア周りのガソリン車との違いは、「GTE」のエンブレムのみです。ゆったりとしつつも張りのある面と、小型で精密なラインのリアコンビランプの組み合わせにより、知的でどっしりとした佇たづまいを見せています。

スポンサーリンク

内装

「アクティブインフォディスプレイ」は、アウディの「ヴァーチャルコックピット」の様な、フルデジタル液晶化されたメーターパネルです。
また、ヘッドアップディスプレイも装備されており、視線を移動することなく、速度やナビゲーションの主要な情報にアクセスすることができます。

GTE専用装備として、シフトノブとシフトブーツにブルーのステッチが施されています。

前席シートは、しっかりとした構造のフレームに上質なクッションが施され、疲れの少ない快適なシートに仕上がっています。

後席シートは、前席シートと同様に快適なシートです。長いホイールベースにより室内空間にもたっぷりとした余裕があり、長距離の移動も快適です。

ハイブリッド用の大きなバッテリーが搭載されていますが、荷室の容量はガソリン車とほぼ同じです。また、後席シートを折りたたむと、広大なスペースを荷室として使うことができます。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

1400cc直列4気筒DOHCターボエンジン+電気モーターに、6速DSGが組み合わされます。
エンジンは、156ps/5000-6000rpmの最高出力と、25.5kgf・m/1500-3000rpmの最大トルクを発揮します。
また電気モーターは、116psの最高出力と、33.6kgf・mの最大トルクを発揮します。
JC08モード燃費は、21.4km/lとなります。

モーターとエンジンを併用した走りは、力強いの一言です。坂道や合流の場合でも力不足を感じることはありません。1770kgの重要級ボディを軽快に加速させます。

走行モードは3種類用意されていますが、モーターだけの「Eモード」走行では、50kmほどの距離を130km/hで走行することが出来ます。
また、「ハイブリッドモード」では燃費を優先した、効率の良い制御を行います。最後の「GTEモード」は、燃費効率を度外視してパワフルな走行を行うモードで、ステアリング、変速スケジュール、アクセル制御などもスポーティなセッティングに変わります。スポーツモデルの「GTI」に匹敵する力強いスポーツフィールです。

組み合わされるミッションには「6速DSG」が使われており、どの速度域からもリニアでピックアップの良い加速が得られます。これはDSGの制御だけではなく、レスポンスの鋭い電気モーターと組み合わされていることも一因です。

足回りとハンドリング

前輪にマクファーソンストラット式サスペンション、後輪には4リンク式サスペンションが装備されます。
また、前後ともにスラビライザーで強化されています。

ガソリン車より車重が増している分、車の動きはマイルドになりますが、素直で重厚感のあるステアリングフィールです。連続可変ダンパー「DCC」装着車は、18インチタイヤとの組み合わせによりさらにスポーティな走行が可能です。

「Eモード」では、足回りは快適性重視のセッティングとなり、荒い路面でもしなやかに衝撃を吸収してくれます。逆に「GTEモード」では引き締まったサスセッティングとなります。

その他

自動ブレーキの付いた、全車速追従式のクルーズコントロールと、車線の中央を維持するレーンキープアシスト機能が装備されており、高速道路では半自動運転が可能です。

評価のまとめ

日本車のハイブリッドカーと異なり、力強い走りと効率の良い燃費が見事に両立しています。20km程度の近い距離に職場があれば、ガソリンを使うことなく通勤することができます。

プリウスなどの燃費効率を第一としたハイブリッドカーとは随分と設計思想が異なり、力強くスポーティな走りを、ターボなどの過給機以上に効率良く実現するためのシステムとして開発されています。

力強く効率の良いパワーユニットを、上質で重厚感のあるシャーシーで味わいたいという人にオススメしたい車です。

また、プリウスなどの生活感の強すぎるハイブリッドカーにはうんざりだが、スポーティで走りを楽しめるハイブリッドカーがあれば乗ってみたいという人にもぴったりな車です。

価格

価格 | 5,999,000円(税込み)

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

修正ばっかりしてると新記事の投稿ができないんで、新記事3に対して修正1くらいの割合でやってます(2019年6月〜)