フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン、「VW Passat GTE Advance」を展示。システム総合出力218馬力を発揮!【東京モーターショー2017】

「VW Passat GTE Advance」のフロント

2017年10月25日から11月5日にかけて、東京ビッグサイトで開催されていた「東京モーターショー2017」。

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、この会場の自社ブースでプラグインハイブリッドカー「VW Passat GTE Advance」を展示していました。

やっとこのパサートで「東京モーターショー」に出典していたVWの車も終わりです。中々手が進まずにイライラしますがこれからも一台ずつ地道に紹介していきます。

エネルギー効率とドライビングパフォーマンスを高いレベルで融合した「Passat GTE」には、「Golf GTE」同様、1.4ℓのTSIエンジンと電気モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドドライブシステムを搭載しています。

引用:フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン公式サイト

スポンサーリンク

「VW Passat GTE Advance」の概要

2017年に発売されたMクラスの4ドアセダン。「Golf GTE」に続くVWで2番目となるプラグインハイブリッドカー(PHEV)です。

最近、欧州メーカーでこの手のプラグインハイブリッドカーが次々と開発されているのは、今後、2015年、2021年と厳しさを増す欧州のCO2排出量規制に対応するためです(この規制ではプラグインハイブリッドカーが有利)。

システムはゴルフGTEと共通。1.4Lツインカムターボに電気モーターが組み合わされますが、大きなボディを持つパサートに合わせて僅かにパワーアップされています(
システム総合出力で218馬力/システム総合トルク400Nm)。

走行モードは電気モーターだけで走行する「EVモード」とシステム全体を使って効率の良い走りをする「ハイブリッドモード」。スポーティな走りを演出する「GTEモード」を用意。

スポンサーリンク

「VW Passat GTE Advance」のスタイリング

「VW Passat GTE Advance」のリア

フロント

ロー&ワイドなフロントノーズにダブルフィングリル。ブラックベゼルを配したシャープなLEDヘッドライトが組み合わされ、精悍で落ち着きのある表情を形づくっています。

サイド

ふくよかなサイドパネルになだらかなルーフライン。短く切り詰められたフロントオーバーハング(前輪からボディ端までの距離)。シャープなキャラクターライン(フロントフェンダー上端からリアコンビランプへのライン)が相まって、重厚感あふれる伸びやかなサイドビュー。

18インチの大径ホイールが装備され、足元からボディ全体をスポーティに引き締めています。やっぱりホイールはちょっと大きめがカッコいいです。

リア

張りのあるヒップラインにワイドに広がるリアコンビランプ。適度に絞り込まれたキャビンによって、上質でエレガントな後ろ姿を表現。

スポンサーリンク

主要スペック

項目 スペック
パワーユニット 1394cc・直列4気筒DOHCターボ+電気モーター
トランスミッション 6速AT
最高出力(エンジン) 156ps/5000-6000rpm
最大トルク(エンジン) 25.5kgf・m/1500-3500rpm
最高出力(電気モーター) 116ps
最大トルク(電気モーター) 33.7kgf・m
全長x全幅x全高 4785mmx1830mmx1460mm
ホイールベース 2790mm
車両重量 1720kg
駆動方式 前輪駆動(FF)
JC08モード燃費 20.9km/h
ボディタイプ 4ドア・セダン

メーカー希望小売価格

5,829,000円(消費税込)。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

猛暑のおかげでしつこい「切れ痔」も徐々に回復。病院にいくのは恥ずかしいのでこのまま自然治癒してくれ!(2018年7月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)