フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン、「Golf R Performance」をジャパンプレミア(日本初公開)。100台限定で販売される特別仕様車【東京モーターショー2017】

「Golf R Performance」のフロント

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、東京モーターショー2017の会場(東京都江東区有明)で「Golf R Performance」をジャパンプレミア(日本初公開)していました。

今回も会場で撮影した写真とともにレポートします。

※東京モーターショー2017の会期は2017年10月25日から11月5日まで。そのうち一般公開は10月28日から11月5日までです。

最高出力228kW(310PS)の高性能2.0 TSIエンジンとフルタイム4WDの4MOTIONを標準装備したトップオブスポーツモデルの「Golf R」をベースに、よりパフォーマンスを磨き上げたモデルです。

引用:フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン公式サイト

スポンサーリンク

「Golf R Performance」の概要

「Golf R Performance」は、Golfのホットバージョン「Golf R」をベースに専用パーツを装備した特別限定車。日本市場への割当は100台だけです。

Golfのスポーツバージョンといえば「Golf GTi」が有名ですが、「Golf R」はその「GTi」のさらに上位に位置するモデルです。最高出力310馬力を誇る2.0Lツインカムターボを搭載し、エンジンパワーは「GTi」の230馬力を大きく上回ります。駆動方式も「GTi」の前輪駆動に対して「Golf R」は「4MOTION」と呼ばれるフルタイム4WDシステムを搭載しています。

特別装備の詳細

「Golf R Performance」には特別装備として、ドイツのエキゾーストメーカー、アクラポヴィッチ社製のエキゾーストシステムや、制動力を増したブレーキディスクとブレーキパッドを装備。銀色のブレーキキャリパーには「R」の文字が誇らしげに染め抜かれています。さらに専用デザインの19インチアルミホイールが装備され、ボディ全体を足元からスポーティに引き締めるとともに走りのスタビリティも高めます。

室内には、カーボン調パターンでデザインされた上質な専用レザーシートを装着。レーシーな雰囲気を高めています。

スポンサーリンク

「Golf R Performance」の外観

「Golf R Performance」のリア

フロント

張りのあるフロントノーズにブラックベゼルを組み込んだLEDヘッドライト。ウィング形状をモチーフにしたスポーティなフロントバンパーが組み合わされ、彫りの深い精悍なフロントフェイスを構成。

サイド

重厚感あふれるサイドパネル。前後ギリギリにレイアウトされたブラック仕上げの専用19インチアルミホイール。ゴルフらしいがっしりとしたDピラー(一番後の柱)が相まって、力強くスポーティなサイドビュー。

さらに特別装備として、カーボン仕上げのサイドミラーも装備されます。

リア

グラマラスなヒップラインに端正なLEDリアコンビランプ。アクラポヴィッチ社製の4本出しエキゾーストシステムが装備され、抑制のきいたダイナミックさを演出。まさに「羊の皮をかぶった狼」といった感じです。

スポンサーリンク

主要スペック

項目スペック
エンジン1984cc・直列4気筒DOHCターボ
トランスミッション7速DSG(湿式)
最高出力310ps/5500-6500rpm
最大トルク40.8kgf・m/2000-4500rpm
全長x全幅x全高4275mmx1800mmx1465mm
ホイールベース2635mm
車両重量1510kg
駆動方式フルタイム4WD
JC08モード燃費13.0km/l
ボディタイプ5ドア・ハッチバック

メーカー希望小売価格

5,999,000円(消費税込)

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

修正ばっかりしてると新記事の投稿ができないんで、新記事3に対して修正1くらいの割合でやってます(2019年6月〜)