フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン、「VW アルテオン R-Line 4MOTION Advance」をジャパンプレミア(日本初公開)。スタイリッシュなボディに280馬力を発生する2.0Lツインカムターボを搭載【東京モーターショー2017】

VW アルテオンの斜め前

2017年10月25日から11月5日にかけて、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催されていた「東京モーターショー2017」。※一般公開は10月28日から11月5日まで。

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、この会場の自社ブース(東4ホール)で「VW アルテオン R-Line 4MOTION Advance」をジャパンプレミア(日本初公開)しました。今回も会場で撮影した写真とともにお伝えします。

「Arteon(アルテオン)」は、フォルクスワーゲンの新しいフラッグシップモデルとして、2017年のジュネーブモーターショーで初披露されました。

引用:フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン公式サイト

スポンサーリンク

「VW アルテオン R-Line 4MOTION Advance」の概要

「VW アルテオン R-Line 4MOTION Advance」は、ドイツの自動車メーカーフォルクスワーゲンが製造販売するMクラスの5ドアハッチバック(VWではスポーツセダンと呼称しています)。

2017年のジュネーブモーターショーでワールドプレミア(世界初公開)され、今回「東京モーターショー2017」の会場においてジャパンプレミア(日本初公開)の運びとなりました。

パサートよりも一回り大きなボディに、ファストバックの流麗なスタリングを組み合わせた「フラッグシップ・スポーツセダン」。

クーペライクなスタイリングの割に室内にはしっかりとした空間が確保されており、荷室スペースも広大。大きなハッチゲートが備わり荷物の出し入れも簡単です。

まとめて言えば「セダンの快適性とステーションワゴンの機能性、クーペのカッコよさを併せ持つ」といったところでしょう。

しかもアルテオンの特徴はその流麗なスタイリングだけにとどまりません。パワーユニットには280馬力の最高出力と35.7kgf・mの最大トルクを発生する2.0Lツインカムターボが搭載され、その大パワーを余すこと無く路面に伝えるために「4MOTION」と呼ばれるフルタイム4WDと、Gold Rにも搭載される湿式7速DSGが組み合わされます。

VW社初のプレミアムカーとなるため、ライバルには「メルセデスベンツCLS」や「BMW4シリーズ」、「アウディA5スポーツバック」といった強豪車種が居並びます。

スポンサーリンク

「VW アルテオン R-Line 4MOTION Advance」の外観

VW アルテオンのフロント

フロント

ロー&ワイドなフロントノーズに、多重フィンによる大型グリル。デュアルLEDライナーを配したヘッドライトが組み合わされ、複雑で精悍な表情を作り出しています。

サイド

VW アルテオンのサイド

短く切り詰められたフロントオーバーハング(前輪からボディ先端までの距離)にロングホイールベース。なだらかなルーフラインによるファストバックスタイルが相まって、伸びやかで美しいサイドビューを構成。

ブラックに塗装された大径20インチアルミホイールが、足元からこのスポーツセダンをギュッと引き締めています。

リア

VW アルテオンのリア

傾斜の強いリアウィンドウに軽快に跳ね上げられたヒップライン。薄くワイドなリアコンビランプが組み合わされ、上質でカッコいい後ろ姿を形づくっています。

スポンサーリンク

主要スペック

項目スペック
エンジン1984cc・直列4気筒DOHCターボ
トランスミッション7速DSG(湿式)
最高出力280ps/5600-6500rpm
最大トルク35.7kgf・m/1700-5600rpm
全長x全幅x全高4865mmx1875mmx1435mm
ホイールベース2835mm
車両重量1700kg
駆動方式フルタイム4WD
JC08モード燃費13.3km/l
ボディタイプ5ドア・ハッチバック

メーカー希望小売価格

5,990,000円(消費税込)

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

修正ばっかりしてると新記事の投稿ができないんで、新記事3に対して修正1くらいの割合でやってます(2019年6月〜)