新型 スバル レガシィ アウトバック ベースグレード(6代目・BS9)【評価レビュー】マイナーチェンジによって安全機能と走りの質感が向上 [DBA-BS9]

スバル レガシィ アウトバックのフロント

今回の【評価レビュー】は「新型 スバル レガシィ アウトバック ベースグレード(6代目・BS9)」。
2014年にフルモデルチェンジした、ステーションワゴン(5ドア)ベースのクロスオーバーSUV。この他に「B4」と呼ばれる4ドアセダンもあります。

1994年にアメリカで発売された初代アウトバックから、20年以上に渡って販売され続けるスバルのフラッグシップSUVです。

かつて4ドアセダンとステーションワゴン、クロスオーバーSUVの3種を展開していたレガシィも、肥大化したボディによってステーションワゴンはカタログから落とされ、日本の道路事情にマッチしたレヴォーグに代替。4ドアセダンとこのクロスオーバーSUV「アウトバック」だけとなりました。

安定性を重視した「トルクスプリットAWD」に、2.5Lフラット4を搭載。路面状況や走行モードに応じて、前60:後40を基本にきめ細やかなトルク制御を行います。

2017年にはマイナーチェンジが行われ、内外装のデザイン変更とともに走りの質感も向上。EyeSightを含む安全装備も強化されています。

※忙しくてあまり時間の無い人は、文末の「【評価レビュー】のまとめ」をどうぞ。

スポンサーリンク

外観

全長4820mmX全幅1840mmX全高1605mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2745mmとなります。

フロント

重厚感あふれるフロントノーズに大きなヘキサゴングリル。アウトドアテイストを強調するスキップガードが組み合わされた、威風堂々としたフロントフェイス。

マイナーチェンジによってヘッドライトやグリルの形状が微調整され精悍な印象が増しています。反面、一体感や上質感は失われてしまいました。マイナーチェンジは若手や二番手のデザイナーが担当することが多いのでこのあたりは致し方ありません。

サイド

長さのあるボディに巨大なキャビン(居住空間)。前後に長めオーバーハング(ホイールからボディ端までの距離)を残した力強く伸びやかなサイドビュー。

リフトアップされたボディと、下回りをガードするブラック樹脂がアウトドア感を強調しています。

リア

スバル レガシィ アウトバックのリア

ふくよかな面で構成されたリアエンドにワイド感を強調するリアコンビランプ。下回りにはボディをガッチリと保護するブラック樹脂が装備され、頼りがいのある後ろ姿を形づくっています。

マイナーチェンジによるリア周りの変更点はありません。

スポンサーリンク

内装

上質な樹脂と木目パネル、シルバーパーツで構成されたシンプルな室内。

メーターナセルには砲弾型の二眼メーターを装備。センターパネルにはナビ情報などを表示する大型8インチディスプレイ。今流行のフローティングタイプではないため、若干の視線移動が必要です。エアコンは操作性の良いダイヤルタイプ。

シート

前席は、しっとりとしたたわみのある表皮にコシのあるクッションが組み合わされた快適なシート。長時間ドライブによる疲れも軽減されます。

後席には巨大なアームレストが装備され、座面、シートバックのサイズともに十分。居住空間もゆったりとしており、大人二人が余裕を持って座れます。

荷室

荷室には広大な空間が確保されています。家族4人くらいなら、荷物の嵩張るキャンプも可能です。床下には使い勝手の良いサブトランクも用意。さらにシートバックを倒すことで、荷室を拡大することもできます。

静粛性

室内にはしっかりと遮音材が施され、静かなエンジンと相まって静粛性は高級セダン同等レベル。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

2498cc・水平対向4気筒DOHCエンジンに、CVT(無段変速機)が組み合わされます。
エンジンは、175ps/5800rpmの最高出力と、24.0kgf・m/4000rpmの最大トルクを発揮。

車両重量1570kg。JC08モード燃費は、14.8km/l。

エンジン

2.5Lのボクサー4で4輪を駆動(フルタイム4WD)。普通の自然吸気エンジンなので爆発的なパワーはありませんが、スロットルとトランスミッションが改良されスムーズで力強い走りを手に入れました。中高速域での伸びもよく、どこまでも力強さが持続します。

トランスミッション

ベルトとプーリーによって無段階に変速するCVTを装備。CVTならではのラバーバンドフィール(エンジン回転と車速の乖離)はしっかりと抑制され、歯切れの良いダイレクト感とスムーズさが見事にバランスしています。

乗り心地とハンドリング

前輪にマクファーソン・ストラット式サスペンション、後輪にはダブルウィッシュボーン式サスペンションを装備。

乗り心地

装着されるタイヤは前後ともに225/65R17。

マイナーチェンジによって足回りのセッティングが見直され、たっぷりとしたストロークを活かした上質な乗り味を実現。ゆったりとしたロールを許容しながらも、ロール速度が一定で予測しやすいため不安な印象はありません。

目地段差では、柔らかな感触で包み込むように衝撃を吸収。高速域での接地性も高く、ビタッと路面に吸い付くように直進します。

深いぬかるみや豪雪地帯で確かな走りを約束する「X-MODE」や、滑りやすい路面をゆっくりと一定の速度で下るための「ヒルディセントコントロール」など、悪路に特化した機能も装備されています。

ハンドリング

素直で上質なステアリングフィール。ドライバーの操舵に自然に反応して、穏やかな動きでノーズの向きを変えます。

最小回転半径は5.5mと標準的なレベル。

その他

先進安全技術は最新の「EyeSight ver.3」を搭載。新たに「後退時自動ブレーキ」が加わり、アダプティブクルーズコントロールの対応速度も0km/h~120km/hに拡大。

ステレオカメラによる「プリクラッシュブレーキ(衝突時被害低減自動ブレーキ)」や「AT誤発進抑制機能」、「アクティブレーンキープ(車線中央維持)」といった機能も含まれます。

【評価レビュー】のまとめ

「スバル レガシィ アウトバック」は、広々とした室内に広大な荷室。素直で穏やかなステアリングフィールを持つ、ステーションワゴン(5ドア)ベースのクロスオーバーSUV。

2.5Lエンジンに滑らかなCVTが組み合わされ、日常領域なら必要十分の力強さもあります。

「キャンプや釣りなどアウトドアライフを楽しむために荷室の大きな車を探しているが、走りの上質さも捨てがたい」とか、「ライフスタイルをアピールするメッセージ性も重要だ」と考えている人にピッタリな一台です。

中古車市場では

2017年式「スバル レガシィ アウトバック」で250万円前後。2014年式の初期型で200万円台前半といったことろです(2018年3月現在)。

価格

価格 | 3,294,000円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

修正ばっかりしてると新記事の投稿ができないんで、新記事3に対して修正1くらいの割合でやってます(2019年6月〜)