フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン、「VW Golf GTE」を展示。スポーティなプラグイン・ハイブリッドカー【東京モーターショー2017】

「VW Golf GTE」のフロント

2017年10月25日から11月5日まで(一般公開は10月28日から11月5日)、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催されていた「東京モーターショー2017」。

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンはこの会場の自社ブース(東4ホール)で、「VW Golf GTE」のマイナーチェンジモデルをジャパンプレミア(日本初公開)していました。

今回も会場で撮影した写真とともにお伝えします。

「Golf GTE」は、100kW /150PSの1.4 TSIエンジンと80kW /109PSの電気モーターという2つのパワートレインを効率よく稼働させて走行するプラグインハイブリッドシステムを搭載しており、スポーツモデルの「Golf GTI」に匹敵する優れた走行性能と高いエネルギー効率を両立しています。

引用:フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン公式サイト

スポンサーリンク

「VW Golf GTE」の概要

「VW Golf GTE」は2015年に登場したプラグイン・ハイブリッドカー。東京モーターショーの会場では2017年に発表された、新しいマイナーチェンジモデルが展示されていました。

Mクラスの5ドアハッチバック「VW Golf」をベースに、1.4Lガソリンエンジンと6速DCTを内蔵した電気モーターが組み合わされます。

このハイブリッドシステムには5つの走行モードが用意され、「Eモード」では電気モーターだけを使って電気自動車のように走り、「ハイブリッドモード」ではエンジンと電気モーターを組み合わせてエネルギー効率が最大となる走りを実現。さらに「GTEモード」ではシステム出力が最大になるように調整され、アクセル開度や変速タイミング、ステアリング特性といったものがスポーティに変更されます。

プラグインハイブリッドカーといいながらも、VWではガソリンエンジン仕様の「GTI」に次ぐスポーティなグレードとして位置づけています。その証拠に外装にはスポーティなエアロや大径ホイール。内装にもブルーを基調としたタータンチェック柄スポーツシートや、ブルーステッチが施された本革ステアリングが装備されていました。

充電ステーションの検索や充電サービスの予約を行う「e-Remote」にも対応。EVモードで航続距離は45.0km。

スポンサーリンク

「VW Golf GTE」の外観

「VW Golf GTE」のリア

フロント

硬質感のあるフロントノーズに多角形型ヘッドライト。グリルからヘッドライト内へとGTEを象徴するブルーラインが施され、クリーンで知的なフロントフェイスを構成しています。

サイド

がっちりとしたボディに大きなキャビン(居住空間)。Golf伝統のぶ厚いDピラー(一番後の柱)が組み合わされ、重厚感あふれるスポーティなサイドビューです。

GTE専用17インチアルミホイールが、足元からボディ全体をスポーティに引き締めています。

リア

立ち気味のリアウィンドウにふくよかなヒップライン。ワイド感を強調するLEDリアコンビランプがあいまって、上質で力強い後ろ姿を形づくっています。

スポンサーリンク

主要スペック

項目 スペック
パワーユニット 1394cc・直列4気筒DOHCターボ+電気モーター
トランスミッション 6速DSG
最高出力(エンジン) 150ps/5000-6000rpm
最大トルク(エンジン) 25.5kgf・m/1500-3500rpm
最高出力(電気モーター) 109ps
最大トルク(電気モーター) 33.7kgf・m
全長x全幅x全高 4265mmx1800mmx1480mm
ホイールベース 2635mm
車両重量 1580kg
駆動方式 前輪駆動(FF)
JC08モード燃費 19.9km/l
ボディタイプ 5ドア・ハッチバック

メーカー希望小売価格

4,690,000円(消費税込)。2017年10月19日より受注開始。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

猛暑のおかげでしつこい「切れ痔」も徐々に回復。病院にいくのは恥ずかしいのでこのまま自然治癒してくれ!(2018年7月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)