新型 マツダ CX-8 XD PROACTIVE(4WD/7人乗り)【評価レビュー】快適なサードシートを備える、上質でカッコいいLクラスSUV [3DA-KG2P]

マツダ CX-8 XD PROACTIVEのフロント

今回の【評価レビュー】は「新型 マツダ CX-8 XD PROACTIVE(4WD/7人乗り)」。
2017年にフルモデルチェンジした、LクラスのクロスオーバーSUV(5ドア)です。

「魂動デザイン」と「SKYACTIV・テクノロジー」、「マツダ・プロアクティブ・セーフティ」を併せ持つ新世代マツダSUV第三弾。国内では最大級となるフラッグシップSUVでもあります。

パッと見の印象は「CX-5」とほとんど同じですが、単なる「CX-5」のストレッチ(延長)版ではありません。

Bピラーから前方に「CX-5」のパーツを多用しながらも、基本となるプラットフォームは北米向け大型SUV「CX-9」を使用。どちらかと言えば「CX-9」の縮小モデルといった印象が強いです。

全長、ホイールベースともに「CX-5」よりも長く、室内には広々とした空間にフルサイズの3列シートが備わります。ミニバンモデルを順次廃止しているマツダにとっては、多人数乗り3列シートを持つ重要な車種となります。

※忙しくてあまり時間の無い人は、文末の「【評価レビュー】のまとめ」をどうぞ。

スポンサーリンク

外観

全長4900mmX全幅1840mmX全高1730mm。ホイールベース2930mm。

フロント

フロントセクションはCX-5とほぼ同じ。垂直に切り立ったノーズ先端に大型グリル、シャープなLEDヘッドライトが組み合わされ、上質感あふれる威風堂々とした佇まい。

サイド

短く切り詰められたフロントオーバーハングにがっしりとしたサイドボディ。ローングホイールベースが相まって、伸びやかで重量感のあるサイドビューです。

傾斜の強いA&Dピラー(一番前と後の柱)。後にいくほど絞り込まれるサイドウィンドウによって、エレガントな雰囲気を表現。まさに大人のSUVといった感じです。

リア

マツダ CX-8 XD PROACTIVEのリア

メリハリのあるヒップラインに小さく絞り込まれたキャビン(居住スペース)。薄いメッキパーツで連結されたシャープな形状のLEDリアコンビランプ。上質な安定感を感じさせます。

スポンサーリンク

内装

内装デザインも下位グレードのCX-5とほとんど同じ。上質な樹脂に小さなメタリックパーツがセンス良く配置されています。メーターナセルにはクッキリとした文字で三眼メーターが配置され、視認性も良好。センターパネル上部には、車輌情報やナビゲーション情報を表示する「ワイド液晶ディスプレイ」を装備しています。

マツダ全車で統一されている自然なドライブポジションによって、運転がしやすく疲れの少ない車に仕上がっています。

シート

フロントシートは、コシのあるクッションに低反発素材が組み合わされた快適なシート。適度なサイドサポートも装備され、長時間ドライブでも疲れにくいです。

セカンドシートも、フロントシートに準じる快適性の高いシート。足元、頭上空間ともに十分なスペースがあり、大人二人で座ってもゆったりとしています。

サードシートは折りたたみを前提としているため、やや平板な形状でクッションも薄目。ただ、よくある緊急用シートでは無く大人二人で座っても十分なサイズ感があります。窓が小さく囲まれ感は強いものの、実際の頭上スペースに問題はありません(メーカーの想定では身長170cmまで)。セカンドシートの下には足先を入れるスペースがあり、足元にも十分な空間が確保されています。

荷室

荷室容量は239LとCX-5よりも小さ目ですが、サードシートを畳むことによって572Lに拡大することができます。家族4人ならサードシートを倒して使えますので、荷物の嵩張るキャンプも可能です。

静粛性

室内にはしっかりと遮音対策が施され、高級サルーンレベルの静粛性能を実現しています。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

2188cc・直列4気筒DOHCディーゼル・ターボエンジンに、6速ATが組み合わされます。
エンジンは、190ps/4500rpmの最高出力と、45.9kgf・m/2000rpmの最大トルクを発揮。

車両重量1890kg。JC08モード燃費は、17.0km/l。

エンジン

2.2Lディーゼルターボで4輪を駆動(フルタイム4WD)。低速からフラットでぶ厚いトルクを発生する力強いパワーユニット。どの回転域からでも即座に必要なトルクが立ち上がるため、意のままに速度を制御することができます。

「ナチュラルサウンドスムーザー」や「ナチュラルサウンド周波数コントロール」、「急速多段燃焼」といった静粛技術によって、ディーゼルエンジンとしては異例にノイズやバイブレーションが少ないです。

トランスミッション

トルコン式の6速ATを装備。適度なステップ感とスムーズさを併せ持つ上質なトランスミッション。ぶ厚いトルク感を活かしてしっとりと加速します。

乗り心地とハンドリング

前輪にマクファーソン・ストラット式サスペンション、後輪にはマルチリンク式サスペンションを装備。

乗り心地

装着されるタイヤは前後ともに225/55R19。

重厚感のあるしなやかな乗り味。重い車重と長いホイールベースによって、上質な走りを演出しています。

目地段差での衝撃もしっかりと処理されており、突き上げ感を感じやすいサードシートでもラグジュアリーセダン並の快適性があります。

高速域ではサスペンションがしっかりとストロークしてボディをフラットに保ち、安定性の高い走りを実現しています。

ハンドリング

穏やかで自然なステアリングフィール。前輪と後輪の一体感が高く、「Gベクタリング(※1)」の効果もあってもっさり感や鈍さはありません。適度なロール感と重厚感を活かしてしっとりと旋回します。

ボディが長いこともあって最小回転半径は5.8mと少々大きめ。狭い路地では取り回しに苦労します。

(※1)左右のトルク配分を別々に制御することによって、旋回性能を高める技術。

その他

先進安全技術は最新の「i-ACTIVSENSE」。このパッケージには「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(前後・衝突回避自動ブレーキ)」や「AT誤発進抑制制御(前後)」、「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(全車速追従機能付き)」といった機能が含まれます。

【評価レビュー】のまとめ

「マツダ CX-8 XD PROACTIVE」は「CX-5」を超えるロングボディに3列シート(7~8人乗り)を装備したLクラスのクロスオーバーSUV。ミニバンモデルを順次廃止しているマツダにとっては、ミニバンの代替となる多人数乗りの重要なモデルです。

トルクフルな2.2Lディーゼルターボに上質な足回りが組み合わされ、ラグジュアリーセダンに匹敵する上質な乗り味を実現。静粛性能も高く、不快な突き上げやロードノイズが侵入しやすいサードシートでも、快適な居住空間が確保されています。

「多人数乗りの車を探しているが、所帯じみたミニバンは嫌」とか、「サードシートにもある程度の快適性能を確保したい」、「上質でカッコいいLクラスSUVに乗りたい」といった人にピッタリな車です。

中古車市場では

2017年式の未使用登録車で370万円前後(2018年2月現在)。

価格

価格 | 3,769,200円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)

切れ痔がぶり返してきたー!(2018年10月)

パリモーターショー行きたい(2018年10月)