ポルシェジャパンが、「新型 カイエン(3代目)」をアジアプレミア(アジア初公開)。340馬力を発生する最上級ラグジュアリーSUV【東京モーターショー2017】

ポルシェ・カイエンの斜め前

2017年10月25日から11月5日まで(一般公開は10月28日から11月5日まで)、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催されていた「東京モーターショー2017」。

ポルシェジャパンはこの会場の自社ブースで、「新型 カイエン(3代目)」をアジアプレミア(アジア初公開)していました。今回も会場で撮影した写真とともにお伝えします。

大幅に刷新したパワートレインと、ドライバビリティを向上する前後異径タイヤを採用し、ドライバーだけではなく、カイエンに乗る人すべてがスポーツカーを感じられるダイナミックなSUV。

引用:ポルシェジャパン公式サイト

スポンサーリンク

「新型 カイエン(3代目)」の概要

2002年に発売された初代ポルシェ・カイエンは、ポルシェ初となるLクラスのクロスオーバーSUV。当初ポルシェがSUVを作ることに対しては賛否両論があったものの、今ではポルシェを代表する車種のひとつにまで成長。弟分として「マカン」というMクラスSUVも登場しています。

今回アジアプレミアされた「新型 カイエン」は、そのカイエンの3代目となるモデル。ポルシェ911をモチーフにしたスタイリングコンセプトはそのままに、より伸びやかで上質なデザインが与えられています。

先代カイエン(2代目)は、ハイブリッドやプラグインハイブリッド仕様を早期に導入したモデルで、今回の3代目モデルもポルシェ電動化計画におて中心的な役割を担います。

開発コンセプトは「サーキット走行もこなすスポーツ性能と、快適性の両立」。

アルミを始めとする軽量素材の使用で200kgの軽量化を実現。車輌全体でギリギリ2t以内に収まっています。搭載されるパワーユニットは、最高出力340馬力、最大トルク45.9kgf・mを発生する3.0リッターV6ターボエンジン。

ポルシェ911にも使われる「リアアクスル・ステアリング」や「ポルシェ・ダイナミック・シャシーコントロール」といった最新技術も惜しみなく投入されています

日本市場専用として「アダプティブクルーズコントロール」を標準装備。マーケット事情に合わせたきめ細かい作り込みが嬉しいです。

スポンサーリンク

「新型 カイエン(3代目)」のスタイリング

ポルシェ・カイエンのフロント

フロント

伸びやかなフロントノーズにおにぎり型のヘッドライト。ワイドに広がる格子グリルが相まって、ダイナミックで上質なフロントフェイスを構成。

サイド

厚みのあるサイドパネルに19インチ大径アルミホイール。傾斜のキツイ前後ピラー(柱)が組み合わされ、ポルシェ911を彷彿とさせるスポーティなサイドビュー。

リア

ポルシェ・カイエンのリア

重厚感あふれるヒップラインにワイドに広がる薄型リアコンビランプ。大地をがっちりと掴むように広がるリアフェンダーと小さく絞り込まれたキャビン(居住空間)が対比され、安定感のある後ろ姿を形づくっています。

スポンサーリンク

主要スペック

項目スペック
パワーユニット2995cc・V型6気筒DOHCターボエンジン
トランスミッション8速AT
最高出力(エンジン)340ps/5300rpm
最大トルク(エンジン)45.9kgf・m/1340rpm
全長x全幅x全高4918mmx1983mmx1696mm
ホイールベース2895mm
車両重量1985kg
駆動方式4輪駆動(4WD)
ボディタイプ5ドア・ハッチバック

メーカー希望小売価格

9,760,000円(消費税込)。

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

修正ばっかりしてると新記事の投稿ができないんで、新記事3に対して修正1くらいの割合でやってます(2019年6月〜)