BMWジャパン、「BMW X3」をアジアプレミア(アジア初公開)!新世代ディーゼルエンジンによって最大トルク40.8kgf・mを発揮【東京モーターショー2017】

「BMW X3」のフロント

2017年10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催されていた「東京モーターショー2017」。プレスデイ10月25、26日。プレビューデイは10月27日。一般公開は10月28日から11月5日まで。

BMWジャパンはこの会場の自社ブースで、「BMW X3」をアジアプレミア(アジア初公開・展示車両はxDrive 20d M Sport)していました。今回も会場で撮影した写真とともにお伝えします。

夢中を、解放しよう。 Xの名に相応しい強烈な存在感と溢れる躍動感。 7年ぶりとなる待望のフルモデル・チェンジで登場。

引用:BMWジャパン公式サイト

スポンサーリンク

「BMW X3」の概要

BMWの「X」シリーズは、乗用車のコンポーネントを活かして作られたクロスオーバーSUVです。X3の場合は、5シリーズや7シリーズと共通の新世代プラットフォーム「CLAR」が使われます。遅れてモデルチェンジを迎える「3シリーズ」も結果的には同じプラットフォームを採用しますが、現状ではひとクラス上のプラットフォームという事になります。

新しいプラットフォームによって、大幅なボディ剛性の向上と軽量化、しなやかな乗り味、うねった路面を物ともしない高い安定性を手に入れています。

同時に全長とホイールベースも拡大され、後席の足元空間と荷室スペースに余裕をもたらしています。ただし、その分狭い駐車場や路地裏では取り回し性(最小回転半径5.7m)が悪くなっている可能性もありますので、購入の前には必ず試乗してチェックしてください。

搭載されるパワートレーンは、「2.0Lディーゼルターボ」と「2.0Lツインパワーターボ」の二種。

デザインパッケージは、標準モデルの「STANDARD」に上質な「xLINE」、スポーティな「M SPORT」の3種が用意されます。

スポンサーリンク

「BMW X3(xDrive 20d M Sport)」のスタイリング

「BMW X3」のリア

先代(2代目)のイメージを継承するキープコンセプトデザイン。キリリとした印象の先代に対して、新型X3(3代目)はちょっとグラマラスな感じがあります。

フロント

重厚感溢れるフロントノーズに、大型キドニーグリル。シャープなヘッドライトと、ダイナミックなフロントバンパーが組み合わされ、スポーティで上質な雰囲気のフロントフェイスに仕上がっています。いやー見れば見るほど男前な顔です。

キープコンセプトというと聞こえは良いですが、「前のモデルを陳腐化させる」なんていう裏事情もあったりします。

サイド

ロングノーズ&ビッグキャビンに、短く切り詰められたフロントオーバーハング(ホイールからボディ先端までの長さ)。がっしりとした逞しいボディが組み合わされた、SUVテイストあるれるスポーティなサイドビュー。

リア

凝縮感のあるリアエンドに有機的な形状のリアコンビランプ。小さく絞り込まれたリアウィンドウが相まって、パワフルで若々しい後ろ姿を形づくっています。

スポンサーリンク

主要スペック(xDrive 20d M Sport)

項目 スペック
パワーユニット 1995cc・直列4気筒DOHCディーゼル・ターボ
トランスミッション 8速AT
駆動方式 フルタイム4WD(4輪駆動)
最大出力 190ps/4000rpm
最大トルク 40.8kgf・m/1750-2500rpm
全長x全幅x全高 4720mmx1890mmx1675mm
ホイールベース 2865mm
車両重量 1860kg
ボディタイプ 5ドア・ハッチバック

メーカー希望小売価格(xDrive 20d M Sport)

7,100,000円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)

切れ痔がぶり返してきたー!(2018年10月)

フランスモーターショー行きたい(2018年10月)