BMWジャパン「BMW 7Series 740e iPerformance Excellence」を展示!軽量化されたボディに組み合わされる、パワフルなハイブリッドシステム【東京モーターショー2017】

「BMW 7Series 740e iPerformance Excellence」のフロント

2017年10月25日から11月5日にかけて東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催されていた「東京モーターショー2017」。プレビューデイ10月27日。一般公開は10月28日から11月5日。

BMWジャパンは、この会場で「BMW 7Series 740e iPerformance Excellence」を展示していました。今回も会場で撮影した写真とともにレポートします。

未来のラグジュアリーが、起動する。 卓越したダイナミズムと寛ぎに満ちた快適性、ラグジュアリー・セダンの最高峰。 今回のTOKYO MOTOR SHOW 2017ではBMW Individualに身を纏った、特別なモデルを展示。

引用:BMWジャパン公式サイト

スポンサーリンク

「BMW 7Series 740e iPerformance Excellence」の概要

「BMW 7Series」は、2015年にモデルチェンジしたBMWが誇るフラッグシップカーです。カーボンファイバーをボディ構造に用いた「カーボン・コア」技術が採用され、軽量化とともにしなやかさと剛性の高さを実現しています。

「BMW 7Series 740e iPerformance Excellence」は、2016年に追加された新グレードで、直列4気筒DOHCターボエンジン+電気モーターによるハイブリッドシステムが搭載されています。

このハイブリッドシステムには「プラグイン機能」も追加され、自宅や出先の充電ステーションで直接充電することが可能です。

搭載されるリチウムイオン電池は9.2kWhと結構な容量があります。軽量化されたといはいえ、2t以上もあるこの重量級ボディを走らせるには少々小さく、EVモードでの走行距離は42km程度となります。これはカタログ値ですから、実際にはその2/3程度、30km弱くらいがいいところでしょう。

自宅と職場に充電ステーションがあれば、擬似的な電気自動車として運用することもできそうです。

スポンサーリンク

「BMW 7Series 740e iPerformance Excellence」の外観

フロント

低くワイドなフロントノーズに、薄型の精悍なヘッドライトが組み合わされ、適度な重厚感を感じさせる上質なフロントフェイス。

サイド

ロングホイールベースに、ロングノーズ・ロングキャビン。豊かな張りを持つサイドパネルが相まって、伸びやかで力強いイドビュー。Lクラスサルーンでここまでスポーティなシルエットは珍しいです。

リア

クーペのように傾斜の強いリアウィンドウ、ハイデッキ化されたスポーティなヒップライン、ワイド感を協調するメカニカルなリアコンビランプによって、ダイナミックで美しいリアエンドをみせます。

スポンサーリンク

主要スペック

項目 スペック
エンジン 1988cc・直列4気筒DOHCターボ+電気モーター
トランスミッション 8速AT
燃費消費率(JC08モード) 15.6km/l
駆動方式 FR(後輪駆動)
エンジン最大出力 258ps/5000rpm
エンジン最大トルク 40.8kgf・m/1550-4400rpm
電気モーター最大出力 113ps
電気モーター最大トルク 25.5kgf・m
全長x全幅x全高 5110mmx1900mmx1480mm
車輌重量 2080kg

車両本体価格

13,320,000円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)

切れ痔がぶり返してきたー!(2018年10月)

パリモーターショー行きたい(2018年10月)