BMWジャパン、「BMW 7 Series M760Li xDrive」を展示。贅沢を極めたBMWの最上級モデル!【東京モーターショー2017】

BMW 7シリーズ M760Liのヘッドライト

2017年10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催されていた「東京モーターショー2017」。

人混みでごったがえすBMWブースの中で、異彩を放っていたのがこの「BMW 7 Series M760Li xDrive」です。

BMW最大級の大柄なボディに、メタリックのようなマットカラーのような、不思議なツヤを持つ「マジェリン・グレー」が塗装され、なんともいえない凄みがありました。

今回も会場で撮影した写真とともにレポートします。

颯爽と走り抜けていく、エレガンス。 V型12気筒 BMW M Performance ツインパワー・ターボ・エンジンを搭載。 ダイナミックな走りとBMW Individualのラグジュアリーな快適性と印象を兼ね備えたBMWの最上級モデル。

引用:BMWジャパン公式サイト

スポンサーリンク

「BMW 7 Series M760Li xDrive」の概要

「BMW 7 Series M760Li xDrive」は、BMW最上級モデルである「7シリーズ」に設定された最上級グレードです。

ボディにはカーボンファイバー強化樹脂やアルミ材、高張力鋼板などがふんだんに使われ、高剛性と軽量化を実現しています。

さらに、電子制御されたエアサスにデュアルカメラを組み合わせ、路面の凹凸を読み取りながら減衰力を調整する「エグゼクティブプロ」が装備。魔法のように快適な乗り心地を実現しています。ちょうど、メルセデスベンツでいうところの「マジックライド・コントロール」にあたるサスペンション・システムです。

標準ボディから140mm延長されたボディには、高性能な「6.6L・V12気筒ツインターボエンジン」が装備され、爆発的なパワーとシルクのような上質さを実現しています。

スポンサーリンク

「BMW 7 Series M760Li xDrive」の外観

フロント

BMW 7シリーズ M760Liのフロント

低くワイドに身構えたフロントノーズに、シャープなヘッドライトとキドニーグリルが装備され、精悍でスポーティなフロントフェイスを構成。

サイド

標準ボディから140mm延長されたホイールベースと全長によって、伸びやかで上質感あふれるサイドシルエットを実現。7シリーズのエレガントさがさらに強調されています。

リア

BMW 7シリーズ M760Liのリア

ハイデッキ化されたリアエンドに傾斜の強いリアウィンドウ、ワイドなリアコンビランプと、ゴージャスなメッキモールドを装備。上品で力強い、大人の優雅さを表現しています。

スポンサーリンク

スペック

項目スペック
エンジン6591cc・V型12気筒DOHCツインターボエンジン
トランスミッション8速AT
駆動方式4WD
最大出力610ps/5500rpm
最大トルク81.6kgf・m/1550-5000rpm
全長x全幅x全高5250mmx1900mmx1485mm
車輌重量2320kg

販売価格

24,710,000円(消費税込み)

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

修正ばっかりしてると新記事の投稿ができないんで、新記事3に対して修正1くらいの割合でやってます(2019年6月〜)