アルピナ社「BMW アルピナ B5 ビターボ ツーリング オールラッド」を展示!【東京モーターショー2017】

BMW アルピナ B5 ビターボ ツーリング オールラッド

2017年10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイトで開催されていた「東京モーターショー2017」。

この会場でアルピナ社は、「BMW アルピナ B5 ビターボ ツーリング オールラッド」を展示していました。

今回も会場で撮影した写真とともにレポートします。

技術の粋を結集したニュー BMW ALPINA B5 Bi-Turbo Touringは、ゆとりのあるスペースを備えながら、スポーツ性能の秀れたラグジュアリーな遺伝子をまったく損ねることなく多彩さと機能性を併せ持っています。

引用:アルピナ公式サイト

スポンサーリンク

「BMW アルピナ B5 ビターボ ツーリング オールラッド」の概要

この車を開発した「アルピナ」は、BMWをベースにチューンナップを施し、高性能コンプリートカーに仕立て上げる専門メーカーです。

ベース車両にはラグジュアリーセダンの「BMW 7シリーズ」が使われ、エンジンは750iと同じV8ツインターボを搭載。ブースト圧を高めることによって608馬力の最高出力を発揮します。

足回りにも大きく手が加えられ、5シリーズとは全く異なる足回りに仕上げられています。その方向性は、アルピナ伝統の「高性能を実現しながらも、より上質な快適性を重視する」というものです。

今回のB5はついに600馬力を超えています。その結果、安定感を高めるためB5初のフルタイム4WDを採用。といってもアルピナ伝統の乗り味を犠牲にすることはなく、後輪へのトルク配分を多くする事によってFRらしい自然なハンドリングも残しています。

スポンサーリンク

「BMW アルピナ B5 ビターボ ツーリング オールラッド」の外観

フロント

伸びやかなフロントノーズに薄型キドニーグリル、シャープなヘッドライトが組み合わされるのは、ベースとなった5シリーズと同じです。

B5には専用のフロントバンパー装備され、特別感を控えめに主張しています。

サイド

ロングノーズ・ビッグキャビンによる伸びやかなサイドビュー。低く抑えられた車高と、フィンタプの大型アロイホイールが相まって、上質でスポーティなサイドビューを構成していまあす。

リア

ワイドなリアエンドに傾斜のきついリアウィンドウ。がっしりとした形状のリアコンビランプが組み合わされ、上質で力強い佇まいです。

スポンサーリンク

スペック

項目 スペック
エンジン 4394cc・V型8気筒DOHCツインターボ
トランスミッション 8速AT
駆動方式 フルタイム4WD
最大出力 608ps/5750-6250rpm
最大トルク 81.6kgf・m/3000-5000rpm
全長x全幅x全高 4915mmx1860mmx1500mm
車輌重量 2070kg

販売価格

19,347,000円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

修正ばっかりしてると新記事の投稿ができないんで、新記事3に対して修正1くらいの割合でやってます(2019年6月〜)