アルピナ社「BMW アルピナ B4 S ビターボ カブリオ」を展示!M4に匹敵するパワーと上質な快適性能のバランス【東京モーターショー2017】

BMW アルピナ B4 S ビターボ カブリオ

大阪モーターショーのため、一日お休みしていたブログ更新ですが、東京モーターショーの時のように体調を崩すこともなく、何とか無事帰ってまいりました。

今日からまたブログ更新を再開しますので、どうぞよろしくお願いします(大阪モーターショーの記事は、東京モーターショーのネタが無くなってからアップしていきます)。

スポンサーリンク

アルピナ社が東京モーターショーの会場に「BMW アルピナ B4 S ビターボ カブリオ」を展示

2017年10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイトで開催されていた「東京モーターショー2017」。

この会場でアルピナは、「BMW アルピナ B4 S ビターボ カブリオ」を展示していました。

今回も会場で撮影した写真とともにレポートします。

ニューBMW ALPINA B4 S Bi-Turboは、BMWの素晴らしい遺伝子を受け継ぎつつ、パワーとパフォーマンス、ドライビングの心地良さ、そして効率の面でさらなる高水準を達成しています。

引用:アルピナ公式サイト

スポンサーリンク

「BMW アルピナ B4 S ビターボ カブリオ」の概要

この車を開発した「アルピナ」は、BMWをベースにチューンナップを施し、高性能コンプリートカーに仕立て上げる専門メーカーです。

会場に展示してあった「BMW アルピナ B4 S ビターボ カブリオ」は、「BMW 4シリーズ 435i カブリオレ」をベースに開発されたコンプリートカー。同じくBMWをベースとするコンプリートカー「M4」と比較するとサーキットでの走行をあまり考慮にいれていないため、スポーティでありながら上質でしなやかな走りが特徴です。

チューンナップが施された3.0Lストレート6は、440馬力の最高出力と67.3kg・fの最大トルクを発揮。組み合わされるトランスミッションは、M4のデュアルクラッチ・トランスミッションとは異なり、スムーズさや上質さを重視したZF社製トルコン式トランスミッションとなります。

スポンサーリンク

「BMW アルピナ B4 S ビターボ カブリオ」の外観

フロント

ベースとなったBMW 4シリーズと同じく、低く身構えたダイナミックなフロントノーズに、薄いキドニーグリルとシャープなヘッドライトが組み合わされます。

アルピナ専用となるフロントバンパーには、ワイド化されたエアーインテクが開けられ、ダイナミックな印象をさらに強調しています。

サイド

ロングノーズ・ショートキャビンの美しいサイドビュー。カブリオレは、ルーフを開けることでショルダーラインが際立ち、さらに伸びやかなプロポーションとなります。

ベースとなった「BMW 425i カブリオレ」と同じ、リトラクタブル・ハードトップ(メタルトップ)が装備されます。電動式システムによって20秒で開閉。走行中も18km/h以下であれば操作が可能です。

アルピナ専用フィンタイプ・ホイールと、キャラクターラインの下には専用デカールが装備され、控えめに特別感を主張しています。

リア

専用リアバンパーに小さなリアスポイラー。アクラポビッチ社と共同開発したステンレス・スチール製のエキゾースト・システムによる、専用フィニッシャーが組み合わされ、上質感あふれるリアエンドをスポーティに引き締めています。

やりすぎない絶妙なさじ加減は、代々受け継がれるアルピナ伝統の美点ですね。

スペック

項目スペック
エンジン2979cc・直列6気筒DOHCツインターボ
トランスミッション8速AT
駆動方式FR
最大出力440ps/5500-6250rpm
最大トルク67.3kgf・m/3000-4500rpm
全長x全幅x全高4640mmx1825mmx1400mm
車輌重量1890kg

販売価格

13,310,000円(消費税込み)

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

修正ばっかりしてると新記事の投稿ができないんで、新記事3に対して修正1くらいの割合でやってます(2019年6月〜)