アルピナ社「BMW アルピナ D5 S ビターボ リムジン オールラッド」を日本初公開!【東京モーターショー2017】

BMW アルピナ D5 S ビターボ リムジン オールラッド

2017年10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催されていた「東京モーターショー2017」。

この会場でアルピナ社は、「BMW アルピナ D5 S ビターボ リムジン オールラッド」を日本で初めて公開していました。いわゆる「ジャパン・プレミア」というやつです。

今回も会場で撮影した写真とともにレポートします。

アルピナブース内を、私服の兄さんがウロウロしていましたが、ブース内に立ち入りを許されるくらいですから、アルピナの上得意様なんでしょうね。うらやましい限りです。

ニューBMW ALPINA D5 Sは、ダイナミックなドライブトレーンと完ぺきなバランスのシャシーを備え、プレミアム・クラスをリードするドライビング・エクスペリエンスを提供し、パフォーマンス・ディーゼル・セグメントに新たな基準を打ち立てています。

引用:アルピナ公式サイト

スポンサーリンク

「BMW アルピナ D5 S ビターボ リムジン オールラッド」の概要

「BMW アルピナ D5 S ビターボ リムジン オールラッド」は、BMWを専門にチューニングするコーチビルダー「アルピナ」が、BMW 5シリーズをベースに開発したハイパフォーマンスカーです。

搭載されるエンジンは、日本市場に導入されていない「550d」の3.0Lディーゼルターボエンジンを搭載。ツインターボの採用や、ピストンおよび給排気系の見直しによって大幅なパワーアップが図られ、326馬力の最大出力と71.4kgf・mの最大トルクを発揮します。

足回りはベースとなった5シリーズの4WDシステム「BMW xDrive」を踏襲しつつ、アルピナ独自のチューニングが加えられています。

普段は後輪に多くのトルクを配分して、FRならではのニュートラルなステアリングフィールを残しつつ、路面状況が不安定になれば、前輪にもトルクを多めに配分して車の安定性を高めるセッティングです。

他のアルピナモデルと同様、この「D5」もサーキットにおける限界性能よりも、普段使いでの快適性が重視されたしなやかなハイパフォーマンスカーに仕上げられています。控えめなルックス同様、このあたりもアルピナならではの大きな魅力です。

スポンサーリンク

「BMW アルピナ D5 ビターボ リムジン オールラッド」の外観

フロント

精悍な5シリーズのフロントフェイスに、アルピナ専用のフロントバンパーと、金色に染め抜かれた「ALPINA」の文字がリップスポイラーに輝きます。

この深みのあるグリーンは「アルピナ・グリーン」と呼ばれる特別色で、この色にして欲しい場合はオプションとして598,000円が別途必要になります。

中古のコンパクトカーが返そうな値段ですが、アルピナをポンと買うような客層にはどうという事の無いお金なんでしょうね。

サイド

ロングノーズ・ビックキャビンの伸びやかなサイドビュー。アルピナ専用20インチホイールにピレリが組み合わされています。

リア

ハイデッキ化されたヒップラインに、ワイド感を強調するダイナミックなリアコンビランプが装備され、スポーティで上質な印象。

リアエンドにはステンレス・スチール製のパイプフィニッシャーを4本装備。D5のリア周りをスポーティに引き締めています。

今回の5シリーズは本当に精悍で男前ですが、アルピナならではのディティールが施されることによって、さらに男前に磨きがかかっています。

スポンサーリンク

スペック

項目 スペック
エンジン 2993cc・直列6気筒DOHCターボ・ディーゼルエンジン
トランスミッション ZF社製・8速AT
駆動方式 4WD
最大出力 326ps/4000-4600rpm
最大トルク 71.4kgf・m/1750-2500rpm
全長x全幅x全高 4956mmx1868mmx1466mm
車輌重量 1930kg(EU値)

販売価格

12,880,000円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

猛暑のおかげでしつこい「切れ痔」も徐々に回復。病院にいくのは恥ずかしいのでこのまま自然治癒してくれ!(2018年7月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)