BMWジャパン、5シリーズセダンをベースとするホットバージョン「BMW M5 with M xDrive」を展示。【東京モーターショー2017】

BMW M5のフロント

2017年10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催されていた「東京モーターショー2017」(一般公開は10月28日から11月5日まで)。

BMWジャパンはこの会場の自社ブースで「BMW M5 with M xDrive」を展示していました。今回も当日の会場で撮影した写真とともにレポートします。

不可能への挑戦。駆けぬける、BMWの遺伝子。 初めてのM xDrive全輪駆動を備えフルモデル・チェンジを遂げたニューBMW M5。

引用:BMWジャパン公式サイト

スポンサーリンク

「BMW M5 with M xDrive」の概要

「BMW M5 with M xDrive」は、BMWのスポーツ部門を一手に引き受ける「M社」がチューニングした、5シリーズ(セダン)ベースのホットバージョン。600馬力を発生する4.4L・V8ツインターボに、M5初の4輪駆道システム「M xDrive」が組み合わされます。

この「M xDrive」には、それぞれ「DSC4WDモード」「DSCオフ4WDモード」「4WDSportモード」「2WDモード」という4つのドライブモードがあり、標準では一番安定性の高い「DSC4WDモード」にセットされます。このシステムによって600馬力の大パワーを余すこと無く路面に伝えます。

※DSCとは「ダイナミック・スタビリティ・コントロール」のことで、車体の不安定な挙動を検知すると、エンジン出力を抑えたり各タイヤにブレーキを掛けることによって車体の安定性を取り戻すことができます。

トランスミッションには、新開発の「ドライブロジック付き8速AT(Mステップトロニック)」が装備され、シフトチェンジ速度を大幅に短縮しています。

さらにアルミ製ボンネットや、カーボンファイバー強化プラスチックス製ルーフが装備され、ボディの軽量化が図られています。

スポンサーリンク

「BMW M5 with M xDrive」の外観

BMW M5のリア

フロント

伸びやかなフロントノーズにワイドなキドニーグリル。細長くシャープなヘッドライトが組み合わされた精悍なフロントフェイス。

カッチリとした形状の専用フロントバンパーが装備され、スポーティな雰囲気を際立たせています。

サイド

ロングノーズ&ビッグキャビンの典型的FRルックに、M専用大径アルミホイールが組み合わされ、重厚感あふれる美しいサイドビュー。

リア

がっしりとしたリアエンドに傾斜の強いリアウィンドウ。ワイド感を強調するL字型リアコンビランプ、4本出しパイプフィニッシャーが相まって、力強くも上質な後ろ姿を演出しています。

スポンサーリンク

主要スペック

項目 スペック
パワーユニット 4395cc・V8気筒DOHCツインターボ
トランスミッション ドライブロジック付き8速AT(Mステップトロニック・トランスミッション)
駆動方式 4WD(4輪駆動)
最大出力 600ps/5600rpm
最大トルク 76.5kgf・m/1800rpm
全長x全幅x全高 4966mmx1903mmx1473mm
ホイールベース 2982mm
ボディタイプ 4ドア・セダン

メーカー希望小売価格

17,030,000円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)