メルセデスAMG、「新型 Mercedes-AMG GT Coupe」を日本初公開!【東京モーターショー2017】

メルセデスAMG GTの斜め前

2017年10月25日から11月5日にかけて東京ビックサイトで開催されていた「東京モーターショー2017」。

メルセデスベンツ傘下のスポーツブランド「メルセデスAMG」は、この会場でスーパースポーツ「新型 Mercedes-AMG GT Coupe」を日本で初めて公開しました。

マイクロコンパクトカーの先駆けとして常にアーバンモビリティの先頭に立ってきた スマートブランドからは、「smart forfour turbo crosstown limited」を発表します。そして、 メルセデス・ベンツブランドの傘下で究極のハイパフォーマンスを追求する「メルセデス AMG」からは、「新型Mercedes-AMG GT Coupé」を発表します。

引用:メルセデスベンツ日本公式サイト

スポンサーリンク

「新型 Mercedes-AMG GT Coupe」の概要

「Mercedes-AMG GT Coupe」は、メルセデスベンツ傘下のスポーツブランド「メルセデスAMG」が開発した2ドアスポーツクーペ。2015年の登場から2年。今回の東京モーターショー2017の会場においてマイナーチェンジモデルが発表されました。

4LのV8ツインカムターボエンジンで後輪を駆動。軽量なアルミフレーム製ボディが組み合わされ、Lクラススーパースポーツとは思えないほどの軽快感あふれる走りが持ち味です。

今回のマイナーチェンジによって、内外装のリファインとともにエンジンにも改良が施され、最高出力476馬力、最大トルク64.2kgf・mを発揮します。

スポンサーリンク

「新型 Mercedes-AMG GT Coupe」の外観

ミッドシップレイアウトを基調するスーパースポーツが多い中、この「新型 Mercedes-AMG GT Coupe」はFRを基本とする優雅で美しいスタイルを持ちます。

フロント

メルセデスAMG GTのフロント

300SLを彷彿とさせるような縦格子グリルに大きなエンブレムが組み合わされ、クラシックな趣を残しながらもダイナミックなフロントフェイスを構成しています。

サイド

ロングノーズ&ショートキャビンの典型的FRルック。張りのある力強い曲線で構成された、エレガントでスポーティなサイドビューです。

リア

メルセデスAMG GTのリア

尻下がりの薄くワイドなヒップラインに、シャープなリアコンビランプ。小さく絞り込まれたキャビンが一体となって、美しくも力強いリアエンドを形づくっています。

スポンサーリンク

スペック

項目 スペック
形式 CBA-190377
駆動方式 FR
乗車定員 2名
エンジン 3982cc・V型8気筒DOHCターボ
最高出力 476ps/6000rpm
最大トルク 64.2kgf・m/1700rpm
車両重量 1680kg
全長x全幅x全高 4545mmx1940mmx1290mm

車両本体価格

車輌本体価格はベースグレードとなるこの「GT」が1690万円。「GT S」が2000万円となります。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)

切れ痔がぶり返してきたー!(2018年10月)

パリモーターショー行きたい(2018年10月)