メルセデスベンツ日本、「E 400 4MATIC Coupe Sports」を展示。333馬力を発揮するEクラスクーペの最上級グレード!【東京モーターショー2017】

「E 400 4MATIC Coupe Sports」のフロント

2017年10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催されていた「東京モーターショー2017」(プレスデイ10月25日、26日。プレビューデイ10月27日。一般公開は10月28日から11月5日まで)。

メルセデスベンツ日本はこの会場の自社ブースで、「E 400 4MATIC Coupe Sports」を展示していました。今回も当日会場で撮影した写真とともにお伝えします。

メルセデス・ベンツ日本株式会社(社長:上野金太郎、本社:東京都品川区)は、 「第 45 回東京モーターショー2017」(会期:2017 年 10 月 27 日-11 月 5 日、会場:東京 ビッグサイト)に、日本初公開の新型モデルなどを含む、メルセデス・ベンツ/スマート各 ブランドの最新モデルを計 21 台出展します。

引用:メルセデスベンツ日本公式サイト

スポンサーリンク

「E 400 4MATIC Coupe Sports」の概要

「E 400 4MATIC Coupe Sports」は、2016年にフルモデルチェンジしたEクラスセダンのクーペバージョン。ベースとなるEクラスセダンはメルセデスベンツの中級セダンで、CクラスとEクラスの間に位置しています。

ロングノーズ・ビッグキャビンの美しいFRルックに、開放感のあるセンターピラーレス・ハードトップが組み合わされます。

2ドアハードトップでありながら、ちょっとしたセダン並の実用性を備えており、リアシートには大人二人が十分並んで座ることができます。トランクルームも大きく、トランクの下に足を入れるだけで自動的にトランクリッドを開く「フットトランクオープナー」も装備されます。

「E 400 4MATIC Coupe Sports」は、そのEクラスクーペの中でも最上級のグレードで、333馬力を発生する2996cc・V型6気筒DOHCターボエンジンに、高性能なエアサスとフルタイム4WDシステムが組み合わされます。

スポンサーリンク

「E 400 4MATIC Coupe Sports」の外観

「E 400 4MATIC Coupe Sports」のリア

フロント

凝縮感のあるロー&ワイドなフロントノーズに大型シングルフィングリル、D字型のエレガントなヘッドライトが組み合わされた、スポーティで上質なフロントフェイス。

サイド

ロングノーズ・ビッグキャビンの美しいFRルック。クーペにしてはキャビンが大きいのは、後席にも十分な居住空間を確保しているからです。

リア

ハイデッキ化されたリアエンドに横長のリアコンビランプ、傾斜の強いリアウィンドウが相まって、上質で力強い後ろ姿を形づくっています。

スポンサーリンク

主要スペック

項目 スペック
パワーユニット 2996cc・V型6気筒DOHCターボ
トランスミッション 9速AT
燃費消費率(JC08モード) 10,7km/l
駆動方式 フルタイム4WD
最大出力 333ps/5250-6000rpm
最大トルク 48.9kgf・m/1600-4000rpm
全長x全幅x全高 4855mmx1860mmx1430mm
車輌重量 1940kg

メーカー希望小売価格

10,370,000円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)