メルセデスベンツ日本、「Cクラス C350e アバンギャルド」を展示。システム最大トルク61.2kgf・mを達成!【東京モーターショー2017】

「Cクラス C350e アバンギャルド」のフロント

2017年10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催されていた「東京モーターショー2017」。

メルセデスベンツ日本はこの会場の自社ブースで、プラグインハイブリッドカー「Cクラス C350e アバンギャルド」を展示していました。今回も当日会場で撮影した写真とともにお伝えします。

メルセデス・ベンツ日本株式会社(社長:上野金太郎、本社:東京都品川区)は、 「第 45 回東京モーターショー2017」(会期:2017 年 10 月 27 日-11 月 5 日、会場:東京 ビッグサイト)に、日本初公開の新型モデルなどを含む、メルセデス・ベンツ/スマート各 ブランドの最新モデルを計 21 台出展します。

引用:メルセデスベンツ日本公式サイト

スポンサーリンク

「Cクラス C350e アバンギャルド」の概要

「Cクラス C350e アバンギャルド」は、2016年に登場したプラグインハイブリッドカー。2014年に登場した4代目Cクラスをベースに、2.0Lツインカムターボエンジンに電気モーターが組み合わされます。

もともと優れた静粛性能を誇るCクラスに電気モーターのアシストが加わることで、さらに静けさを増しています。バッテリーがフル充電されていれば、25.4kmのEV走行が可能で、ガソリンエンジンでは到底なし得ない異次元の上質さを実現しています。

ドイツ高級車勢のハイブリッドカーは、燃費効率よりもパワフルな走りに主眼が置かれていることが多く、この「Cクラス C350e アバンギャルド」の場合も、システム最大トルク61.2kgf・mという凄まじいトルクを発生します。ハイブリッドシステムを搭載することで、プレミアムカーにふさわしい上質さとトルク感を得ているわけです。

スポンサーリンク

「Cクラス C350e アバンギャルド」の外観

「Cクラス C350e アバンギャルド」のリア

フロント

張りのある面で構成された伸びやかなフロントノーズに、大きなダブルフィングリルとスリーポインテッドスター、D字型のなめらかなヘッドライトが組み合わされた重厚感あふれるフロントフェイス。

サイド

ロングノーズ&ビッグキャビンに、短いフロントオーバーハング(タイヤからボディ先端までの長さ)、ロングホイールベースとかっちりとした剛性感あふれるボディによって、伸びやかで美しいサイドビューを構成。

リア

やや尻下がりの上品なヒップラインに、ひし形のリアコンビランプ、小さく絞り込まれたキャビンが対比され、力強くエレガントな後ろ姿を形づくっています。

スポンサーリンク

主要スペック

項目 スペック
パワーユニット 1991cc・直列4気筒DOHCターボ+電気モーター
トランスミッション 7速AT
燃費消費率(JC08モード) 17.2km/l
駆動方式 FR(後輪駆動)
最大出力 211ps/5500rpm
最大トルク 35.7kgf・m/1200-4000rpm
全長x全幅x全高 4690mmx1810mmx1430mm
車輌重量 1830kg

メーカー希望小売価格

7,260,000円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)