メルセデスベンツ日本、「smart electric drive」を参考出品!電気自動車となったスマート・フォーフォー【東京モーターショー2017】

2017年10月25日から11月5日にかけて、東京ビッグサイト(江東区有明)で開催されていた「東京モーターショー2017」。

メルセデスベンツ日本はこの会場において、スマート・フォーフォーをベースにして開発した電気自動車「smart electric drive」を参考出品していました。

Because the smart electric drive produces zero driving emissions, you’re doing your bit for the environment and making cities a cleaner, more pleasant place to be.

引用:スマート公式サイト

スポンサーリンク

「smart electric drive」の概要

「smart electric drive」は、フランスのパリで2017年に開催された「パリモーターショー2016」の会場ですでに先行公開されたモデルです。

ガソリン仕様の「スマート・フォーフォー」をベースに開発され、リチウムイオン電池と電気モーターによって駆動。形だけの単なるコンセプトカーではなく、市販化を予定した量販モデルです。

スポンサーリンク

「smart electric drive」の外観

ガソリン仕様のスマート・フォーフォーと、電気自動車「smart electric drive」の外観上の違いはほとんどありません。一部エンブレムが違う程度に留まります。

フロント

smart electric driveのフロント

↑世界各地のモーターショーを転戦しているため、ボディには細かい傷が目立ちます。

ブルドックのような短いノーズに、ブラックゲゼルによる精悍なヘッドライトが装備され、愛嬌のある個性的な表情をみせます。

サイド

コンパクトなボディに、前後ギリギリまで切り詰められた短いオーバーハング(タイヤからボディ端までの長さ)。コンパクトなボディを最大限に活かして大きく取られたキャビンスペースが相まって、キビキビとした軽快感を感じさせながらもちょっとユーモラスな印象です。

リア

smart electric driveのリア

ルーフからCピラーへと特徴的なカラーリングが施され、角型リアコンビランプがマスクマンの目のように見えます。遊び心溢れる楽しいリアエンドです。

スポンサーリンク

スペック

項目スペック
最大出力60kw
最大トルク160Nm
最高速度80mph
バッテリーリチウムイオン
充電時間(20%から100%)急速充電器で 2.5時間
充電時間(20%から100%)家庭用充電器で 6時間
CO2排出量0
全長x全幅x全高2695mmx1663mmx1555mm
車両重量1085kg

販売時期と価格

日本市場での販売価格は216万円を予定。販売時期は未定です。

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

修正ばっかりしてると新記事の投稿ができないんで、新記事3に対して修正1くらいの割合でやってます(2019年6月〜)