スバル、「SUBARU XV FUN ADVENTURE CONCEPT」を参考出品。XVのタフで楽しい世界観をもっとに拡げる!【東京モーターショー2017】

「SUBARU XV FUN ADVENTURE CONCEPT」とお姉さん

2017年10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催されていた「東京モーターショー2017」。

スバルはこの会場の自社ブースで、「SUBARU XV FUN ADVENTURE CONCEPT」を参考出品していました。今回も会場で撮影した写真とともにレポートします。

「SUBARU XV FUN ADVENTURE CONCEPT」は、先進的なスタイリングと本格SUVとしての機能性を両立するSUBARU XVの世界観を、より一層強調するデザインコンセプトモデルです。

引用:スバル公式サイト

スポンサーリンク

「SUBARU XV FUN ADVENTURE CONCEPT」の概要

「SUBARU XV FUN ADVENTURE CONCEPT」は、スバルXVをベースに開発されたデザインコンセプトモデルです。

XVの魅力であるアウトドアテイスト溢れる力強さや楽しさを、明るいイエローメタリックや外装パーツによって強調しています。

東京モーターショーの会場では、ルーフオンタイプのテントが屋根に装備され、野外キャンプ場での楽しい使い方を提案していました。

スポンサーリンク

「SUBARU XV FUN ADVENTURE CONCEPT」の外観

「SUBARU XV FUN ADVENTURE CONCEPT」のフロント

フロント

XVのスポーティでタフなフロントフェイスを活かしながら、ゴツゴツとしたスキッドプレートや「X」印のついたフォグカバーが装備され、アウトドアテイストあふれる楽しいフロントフェイスに仕上げられています。

サイド

XVに標準装備されるホイールトリムアーチを一回り巨大化。トリム周囲には鋲を打ったような表現が施され、サイドビューの力強さを増しています。

ルーフには専用キャリアが装備され、アウトドアでの使い勝手も向上。会場ではデモンストレーションとして、小型のルーフオンテントが乗せられていました。

さらに特殊なゴツゴツ感をサイドウォールに表現した、専用タイヤ「YOKOHAMA GEOLANDAR」を装備。このゴツゴツした処理に実用的な意味があるのか、ちょっと気になります。

リア

「SUBARU XV FUN ADVENTURE CONCEPT」のリア

リア周りは、フロント同様「X」印の付いたカバーがリフレクター上部に装備されますが、XV標準モデルとの大きな違いはありません。

スポンサーリンク

「SUBARU XV FUN ADVENTURE CONCEPT」の内装

インパネにはXV標準モデル同様オレンジステッチを表現。ステッチが1cm程の幅でジグザグと縫い込まれ、標準モデルには無いざっくり感を表現しています。

内装で一番びっくりしたのは、デニム調ファブリックを使ってタイヤのブロックパターンを表現したシートです。はっきりとした色調で表現されているので、かなりインパクトがあります。

主要スペック(2.0i-S EyeSight)

項目 スペック
パワーユニット 1995cc・水平対向4気筒DOHCエンジン
トランスミッション CVT(無段変速機)
駆動方式 AWD(4輪駆動)
最高出力 154ps/6000rpm
最大トルク 20.0kgf・m/4000rpm
全長x全幅x全高 4465mmx1800mmx1550mm
ホイールベース 2670mm
車両重量 1440kg
ボディタイプ 5ドア・ハッチバック

今後の販売予定

今後の販売予定について正式な発表はありません。ただ、会場で見る限り、外装パーツに金型から起こしたような精密さがありましたので、モーターショーでの評判が良ければ発売される可能性は高いと思います。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)

切れ痔がぶり返してきたー!(2018年10月)

フランスモーターショー行きたい(2018年10月)