スバルは「SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」を世界初公開!スバルの近未来デザインを示唆するハイパフォーマンスカー【東京モーターショー2017】

SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPTのフロント

2017年10月25日から11月5日にかけて、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催されていた「東京モーターショー2017」。プレスデイは10月27日。一般公開は10月28日から11月5日。

スバルはこの会場で、近未来ハイパフォーマンスカーのデザインを示唆するコンセプトカー、「SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」をワールドプレミア(世界初公開)していました。

今回も会場で撮影した写真とともにレポートします。

「SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」は、SUBARUのハイパフォーマンスカーの将来像を示すコンセプトモデルです。

引用:スバル公式サイト

スポンサーリンク

「SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」の概要

モーターショーに合わせてコンセプトカー「VIZIVシリーズ」を展開してきたスバルですが、今までのSUVタイプから一転して、今回は「ハイパフォーマンスセダン」がモチーフです。

スバル車に共通するテーマである「安心と楽しさ」を踏襲しつつ、次世代のスバル車を示唆するコンセプトカーとしてデザインされています。

また、デザイン面からだけではなく、2020年に実用化を想定している「高度運転支援システム」や、それに組み合わされる「高精度GPS」、「高精度地図」などの装備より「交通事故ゼロを目指す」というテーマも込められています。

この「SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」は、「特に決まった既存モデルを想定しているわけではない」ということですが、そのダイナミックで力強いデザインからは「次期型 WRX STI」を期待せずにはいられませんね。

フロントウィンドウ上端には「EyeSightカメラ」を示唆するデバイスが装備されていますから、「WRX STI EyeSight」にDCTなんて構成になれば最高です。

スポンサーリンク

「SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」の外観

スバルのデザインコンセプト、「ダイナミック&ソリッド」をさらに進化熟成させた近未来コンセプトカー。

上品でエレガントなデザインはマツダに任せて、スバルはこの方向性でガンガン突き進んで欲しいです。

フロント

重厚感あふれるマッチョなフロントノーズに、コの字型のLEDヘッドライトを装備。ボンネット上にはエアインテーク(空気孔)が装備され、ダイナミックで力強いフロントフェイスです。

サイド

SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPTのサイド

長めのフロントオーバーハング(タイヤからボディ端までの距離)に対して、リアオーバーハングは短く切り詰められ、フェラーリのような疾走感のあるサイドビュー。

大きく張り出した六角形型のフェンダーが、力強さと疾走感をさらに強調しています。

リア

SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPTのリア

力強く張り出したリアフェンダーに、コの字型のリアコンビランプが巧みに組み合わされ、力強くも安定感のあるリアエンドを構成しています。

スポンサーリンク

主要スペック

項目 スペック
エンジン 水平対向ターボエンジン
乗車定員 5名
駆動方式 4WD
全長x全幅x全高 4630mmx1950mmx1430mm
ホイールベース 2730mm
タイヤサイズ 245/40R20

今後の販売予定

「SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」は、スバルの近未来ハイパフォーマンスカーを示唆するコンセプトカーです。つまり、具体的なモデルとしての販売は予定されていません。レガシィB4やWRXなどにデザインモチーフとして展開されるという事でしょう。

ただ、これは誰がどう見ても「次期型 WRX STI」ですよね・・・。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

猛暑のおかげでしつこい「切れ痔」も徐々に回復。病院にいくのは恥ずかしいのでこのまま自然治癒してくれ!(2018年7月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)