スズキ XBEE(クロスビー)のストリートバージョン「XBEE STREET ADVENTURE」登場!クロスオーバーSUVを都会でおしゃれに乗りこなす【東京モーターショー2017】

XBEE STREET ADVENTUREのフロント

2017年10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイトで開催されていた「東京モーターショー2017」。

この会場で市販化を目前に控えた「スズキ XBEE(クロスビー)」のコンセプトカーが公開されたのは前回レポートした通りです。そのスズキブース内には、このXBEE(標準ボディ)の他に、違うバリエーションのXBEEも2台展示されていました。

今回はその中から、都会での使用を想定したストリートバージョン「XBEE STREET ADVENTURE」をレポートします。

新ジャンルのクロスオーバーワゴン「クロスビー」の都会での使用シーンにフィットする魅力を高めたコンセプトモデル。

引用:スズキ公式サイト

スポンサーリンク

「XBEE STREET ADVENTURE」の概要

アウトドアテイスト溢れる外観を持つ軽自動車「ハスラー」。この車をベースにして開発されたのが、コンパクトカーサイズのクロスオーバーSUV「XBEE(クロスビー)」です。

ハスラーのイメージを上手に継承しながら、ボディを巧みに拡大。間延びさせることなくコンパクトカーらしい上質な外観に仕上げられています。

トルクフルなエンジンと電気モーターによるマイルドハイブリッドシステムが与えられ、さらにコンパクトカーサイズの広々とした居住空間と荷室スペースを獲得。ハスラー以上に使い勝手の良い車に仕上がっています。

この「XBEE」をベースにして、「クロスオーバーSUVを都会でおしゃれに使いこなす人」をイメージして作られたのが「XBEE STREET ADVENTURE」です。

スポンサーリンク

「XBEE STREET ADVENTURE」の外観

アウトドアテイストあふれる「XBEE」をベースにしながら、ボディには深みのあるグレーメタリックと白いルーフによるツートンカラーを採用。イエローメタリックの鮮やかなさし色が効果的に使われ、アクティブな外観を表現しています。

フロント

張りのある面で構成された力強いノーズに、輝度の高いメタリックモールドで縁取られたヘッドライト。イエローメタリックのスキッドプレートが効果的に対比され、ポップで楽しいフロントフェイスです。

サイド

サイドパネル下側には薄いドットの入ったメタリックパネルを装備。足元のイエローメタリックと相まって、重厚感あふれる「XBEE」を軽やかに引き締めています。

リア

XBEE STREET ADVENTUREのリア

深いグレーメタリックによって、ふくよかなヒップラインがさらに強調されています。フロント、サイドと低い位置にさし色が配色されていますが、リア周りにはありません。未熟なデザイナーだとリアにも「さし色」を付けたくなるところですが、配色にメリハリを付けることによってリズム感を作っているわけです。

スポンサーリンク

主なスペック

1.0L直噴ターボエンジンに、回生ブレーキやアイドリングストップを組み込んだ、モーター機能付き発電機「ISG」によるマイルドハイブリッドシステムを搭載。

ティーザーサイトには新しく、2つのグレード「HYBRID MZ」と「HYBRID MX」が掲載されています。

発売予定日

新型 スズキ XBEE(クロスビー)のティーザーサイトでは、当初発売予定を2017年12月としていましたが、現在は表示が変わり「Coming Soon」となっています(2017年12月現在)。

項目スペック
駆動方式2WD/4WD
全長x全幅x全高3760mmx1670mmx1705mm
ホイールベース2435mm
エンジン996ccの直列3気筒DOHCターボエンジン+マイルドハイブリッド
乗車定員5人