新型 スズキ・クロスビー HYBRID MZ(4WD)【評価レビュー】コンパクトなボディに、クロスオーバーSUVの楽しい外観[DAA-MN71S]

スズキ・クロスビー HYBRID MZのフロント

今回の【評価レビュー】は「新型 スズキ・クロスビー HYBRID MZ(4WD)」。
2017年にフルモデルチェンジした、コンパクトなクロスオーバーSUV(5ドア)です。

見た目は軽自動車の「ハスラー」とそっくりですが、実際に使用されている基本アーキテクチャーはコンパクトカー「イグニス」と共通のモノ。

軽自動車のパッケージング技術を使って、コンパクトカーサイズのボディに大人4人がゆったりと座れる空間を確保。クロスオーバーSUVの楽しい外観と、キビキビとした軽快感あふれる走りを両立した欲張りな車です。

ライバル他車と同様に本格的な悪路走破性こそありませんが、ちょっとだけ最低地上高が高いため普通車では躊躇するような雪の深い道や轍の深い泥道でもある程度入って行くことができます。

※忙しくてあまり時間の無い人は、文末の「【評価レビュー】のまとめ」をどうぞ。

スポンサーリンク

外観

全長3760mmX全幅1670mmX全高1705mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2435mmとなります。

軽自動車の「ハスラー」を彷彿とさせるスタイリングに、コンパクトカーのサイズ的余裕を使って上質で抑揚のあるスタイリングを与えています。

フロント

スペース効率を重視した四角いボディに大きなRを使った丸みのある処理が加わり、重厚感あふれるユーモラスなスタイリングを構成。丸目ライトにシルバーの縁取りがちょっとクラシックな印象です。

サイド

むっちりとしたボディに四角いキャビン(居住空間)。大きなタイヤハウス(タイヤを収めるスペース)とリフトアップされた車高があいまって、力強いSUVスタイルを形づくっています。

軽自動車のハスラーと比較するとリア周りにメカニカルな処理が施され、スポーティな上質感があります。

リア

スズキ・クロスビー HYBRID MZのリア

四角いリアエンドにふくよかなヒップライン。左右にポコッと飛び出すリアコンビランプによって、上質で楽しい後ろ姿。ボディのツートンカラーとブラック樹脂によるアンダートリムが、クロスオーバーSUVの楽しさを強調しています。

スポンサーリンク

内装

ボディカラーをあしらったポップなインパネと直線基調の機能的デザインが一体となって、シンプルで楽しげな室内を演出。ボディの見切りがよく、視点も高いため運転はしやすいです。

エアコンはスーパーカーのようなカッコいいデザインで、操作性も問題ありません。インパネシフトによって足元には広々とした空間が確保されています。

シート

フロントシートは適度な立体感のある座りやすいシート。しっとりとした表皮にコシのあるクッションが組み合わされ、少し沈み込んだところで身体をガッチリと支えます。シート表皮には撥水加工がほどこされ、濡れた身体で座っても大丈夫です。

リアシートはシートバックの高さがやや低いものの、足元にはLクラスセダンなみの広々とした空間があり大人二人でゆったりと座ることができます。

荷室

こういったタイプの車としては必要十分な容量があります。家族4人であれば1泊旅行も可能。シートバックを5:5で倒すことによって、さらに容量を拡大することもできます。

ラゲッジフロアにも撥水加工が施されており、気軽に濡れものを放り込むことができます。

静粛性

エンジンノイズがやや気になるものの、ロードノイズや風切音はよく抑えられています。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

996cc・直列3気筒DOHCターボエンジン+電気モーターに、6速ATが組み合わされます。
エンジンは、99ps/5500rpmの最高出力と、15.3kgf・m/1700-4000rpmの最大トルクを発揮。
また電気モーターは、3psの最高出力と、5.1kgf・mの最大トルクを発揮。
車両重量1000kg。JC08モード燃費は、20.6km/l。

エンジン

1.0Lツインカムターボエンジン+電気モーターによる「マイルド・ハイブリッドシステム」で4輪を駆動(フルタイム4WD)。ISG(発電機能付き電気モーター)が搭載され、減速時の充電、アイドリングストップからの再始動、および連続30分の走行アシストを行います。

低速からフラットなトルクを発生する扱いやすいエンジン。どの回転域からもキビキビとした加速感が立ち上がり、高回転域でも力強さが持続。軽い車重とあいまって軽快感あふれる小気味いい走りをみせます。

トランスミッション

トルコン式の6速ATを装備。ダイレクト感あふれるスムーズな変速フィールで、意のままに車速をコントロールすることができます。

乗り心地とハンドリング

前輪にマクファーソン・ストラット式サスペンション、後輪にはアイソレーテッド・トレーリング・リンク式サスペンションを装備。

乗り心地

装着されるタイヤは前後ともに175/60R16。

適度に引き締まったしなやかな乗り味。低速域ではややゴツゴツ感がありますが、SUVならではのストローク感によって不快な衝撃はしっかりと遮断されています。

ハンドリング

背の高いSUVとしてはキビキビとした軽快なステアリングフィール。ドライバーの操舵に即座に反応して、機敏にノーズの向きを変えます。普通に運転している限り「思ったよりも大回りになってしまった」なんて事にはなりません。

最小回転半径は4.7mと、狭い路地でも簡単に切り返すことができます。

その他

先進安全技術は、「衝突被害低減ブレーキ」や「誤発進抑制機能(前後)」、「車線逸脱警報」、「ハイビームアシスト」などを装備。

【評価レビュー】のまとめ

「スズキ・クロスビー」はコンパクトカーのプラットフォーム(基本骨格)をベースに、軽自動車由来のパッケージング技術を使って広々とした空間を実現したクロスオーバーSUV。

軽自動車「ハスラー」そっくりの楽しい外観に、ツインカムターボ+電気モーターの力強い走り。キビキビとした軽快感あふれるステアリングフィールと、適度に引き締まったしなやかな乗り味を実現した贅沢な車です。

「使い勝手の良いコンパクトカーを探しているが、おしゃれな外観や走りも楽しみたい」とか、「クロスオーバーSUVに乗りたいけど、ちょっとサイズが大きくて持て余してしまう」なんて人にピッタリな車です。

中古車市場では

2018年式「スズキ・クロスビー ハイブリッド MZ(FF)」で200万円前後、「MX(FF)」なら190万円前後となります(2018年2月現在)。

価格

価格 | 2,145,960円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

猛暑のおかげでしつこい「切れ痔」も徐々に回復。病院にいくのは恥ずかしいのでこのまま自然治癒してくれ!(2018年7月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)