スバル「S208」登場!329馬力を発揮するSTI製コンプリートカー【東京モーターショー2017】

スバルS208のフロント

2017年10月25日から11月5日にかけて、東京ビッグサイトで開催されていた「東京モーターショー2017」。

スバルはこの会場で、STI製コンプリートカー「S208」を公開していました。今回も会場で撮影した写真とともにレポートします。

走りも上質感も磨き上げた、STIコンプリートモデルの最高峰「S208」。 究極の回転バランスを目指したエンジンは、淀みなく気持ち良いフィーリングを実現すると共に、シリーズ最高出力(329ps)を発揮。 独自のパワーユニットが、かつてない官能的な加速をもたらします。

引用:スバル公式サイト

スポンサーリンク

「S208」の概要

スバル「S208」は、「スバルWRX STI」をベースにSTIによる専用チューンが施されたホットバージョンです。

スポーティなEJ20型ターボエンジンに専用チューンが施され、329psの最高出力を発揮。STI専用パーツによって引き締められた足回りと相まって、刺激的なコンプリートカーに仕上げられています。

標準モデルの他に、ニュルブルクリンク24時間レースをイメージした「NBR チャレンジパッケージ」をラインナップ。

標準モデルが100台、クールグレーカーキを纏った「NBR チャレンジパッケージ」が350台、あわせて450台のみの限定販売となります。

「NBR チャレンジパッケージ」には、標準モデルの装備に加えて、「ドライカーボン製ルーフ」や「ドライカーボン・リアスポイラー」も装備されます。

この特別なコンプリートカーを手に入れるには、予め商談にエントリーしておき抽選で選ばれる必要があります。つまり、お金があれば必ず買えるというモノではないのです。残念ながら、2017年12月9日現在。すでにエントリーは締め切られており、今から買いたいと思ってもどうすることもできません。中古車市場に程度の良いモデルが流れてくるのを期待するしかありませんが、その時は新車以上の価格となるでしょう。

スポンサーリンク

「S208」の外観

外観はベースとなる「WRX STI」の仕様がほぼそのまま踏襲されます。

フロント

凝縮感のあるフロントノーズに、チェリーレッドのさし色が施された「メッシュタイプフロントグリル」、クロームメッキのバンパーサイドベゼルが装備され、控えめな特別感を表現しています。

サイド

サイドには、STIエンブレム付き・サイドガーニッシュや、サテンドアメッキミラー、サイドシルモールなどを装備。がっしりとしたボディにブラック塗装のアルミホイールが装備され、スポーティな「S208」を足元から引き締めています。

リア

スバルS208のリア

リア周りは、チェリーレッドストライプにエアアウトレットグリルの付いたリアバンパー、ドライカーボン・リップスポイラーを装備。

ハイデッキ化されたリアエンドにチェリーレッドのさし色が施され、全体をスポーティにまとめ上げています。

スポンサーリンク

主要スペック

項目 スペック
エンジン 1994cc・水平対向4気筒DOHCターボエンジン
最高出力 329ps/7200rpm
最大トルク 44.0kg・f/3200-4800rpm
トランスミッション 6速MT
全長x全幅x全高 2005mmx1490mmx1205mm
車重 1520kg

発売日と価格

購入には10月26日から11月12日までの間にディーラーで商談エントリーを済ませ、その中から抽選で選ばれる必要があります(2017年12月9日現在、エントリー受付終了)。

価格は、標準モデルが、6,264,000円。「NBR チャレンジパッケージ」が、7,106,400円となります。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

猛暑のおかげでしつこい「切れ痔」も徐々に回復。病院にいくのは恥ずかしいのでこのまま自然治癒してくれ!(2018年7月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)