ホンダ「Monkey 125」参考出品!コンセプトモデルとなって復活したユニークなミニバイク【東京モーターショー2017】

ホンダ「モンキー125」のフロント

2017年10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイト(東京都台東区有明)で開催されていた「東京モーターショー2017」。

この会場で本田技研工業は、「モンキー」のデザインを受け継ぐコンセプトモデル「Monkey 125」を参考出品していました。

今回も会場で撮影した写真とともにレポートします。

Honda二輪のアソビゴコロを象徴する、バイクらしい魅力とモダナイズされたデザインのレジャーモデルです。

引用:ホンダ公式サイト

スポンサーリンク

ホンダ「Monkey 125」の概要

排ガス規制の強化に合わせ、今年8月に生産が終了した50ccのミニバイク「モンキー」。このバイクの「ショートボディ&トールボーイ」のコンセプトはそのままに、エンジンを125ccに拡大、新しいコンセプトモデルとして生まれ変わりました。

見た目の印象は「モンキー」とほとんど変わりませんが、エンジンの拡大に合わせて。ボディも一回り大きくなっています。

スポンサーリンク

ホンダ「Monkey 125」の外観

全体の大きな印象は変わらないものの、近づいて見るとLEDヘッドライトや液晶メーターなどが装備され、モダンで完成度の高いデザインに仕上げられています。

フロント

大きく丸いLEDヘッドライトに、倒立式の短いフロントフォーク、ワイド感のあるズングリしたタイヤが組み合わされた、デフォルメ感あふれる可愛らしいフロントフェイス。

サイド

短いボディに小さなホイール、分厚いシートに丸みのあるガソリンタンクが加わって、力強くも愛らしいサイドビューです。50年に渡ってユーザーに愛され続けた理由がここによく現れています。

リア

丸みのあるクラシックなデザインながら、テールランプやウィンカーにもLEDが積極的に使われています。輝度の高いメッキパーツと相まって、そこはかとない上品さが漂います。

スポンサーリンク

主なスペック

項目 スペック
エンジン 125cc・空冷4ストローク・OHC単気筒
全長x全幅x全高 1713mmx753mmx1030mm
サスペンション フロント倒立式
タイヤ 12インチ
ブレーキ 前後ディスクブレーキ

発売予定

現在、「Monkey 125」の正式な販売予定は決まっていません。ただし、このコンセプトモデルの反響によっては十分販売される可能性もあります。どうしても「Monkey 125が欲しい!」という人は、ディーラーやメーカーに熱い要望を送ってください。あなたの要望がメーカーに届いて発売が早まるかもしれません。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

修正ばっかりしてると新記事の投稿ができないんで、新記事3に対して修正1くらいの割合でやってます(2019年6月〜)