「ホンダ シビック タイプR(5代目)」登場!320馬力を発揮するシビックのホットバージョン【東京モーターショー2017】

ホンダシビックタイプRのフロント

2017年10月25日から11月5日にかけて、東京ビックサイト(東京都江東区有明)で開催されていた「東京モーターショー2017」。

ホンダはこの会場で、同年9月29日より販売されている「ホンダ シビック タイプR」を展示していました。

「ホンダ シビック タイプR」の人気は凄まじく、人をかき分けて写真を撮るのにも大分手こずらされました。今回は会場で撮影したその写真とともにレポートします。

Hondaは、新型「CIVIC(シビック)」シリーズの3タイプ、「シビック ハッチバック」、「シビック セダン」、「シビック TYPE R(タイプアール)」を9月29日(金)に発売します。

引用:ホンダ公式サイト

スポンサーリンク

「ホンダ シビック タイプR」の概要

「タイプR」は、元々初代NSXから用意されていたグレードで、エンジンや足回りのチューニング、および軽量化が行われたスポーティなバージョンです。

その後「インテグラ」から「シビック」へと展開されていましたが、今ではこの「シビック」を表す代名詞的なグレードにまで成長。日本市場への導入が見送られた先代シビックにおいても、限定車種として「タイプR」だけは販売が続けられていました。

先代までのタイプRは、ベースとなる標準グレードを開発した後、そこから足回りやエンジンに手を入れる事で刺激的な走りを実現していました。

しかし、5代目シビックタイプRからはこの方針を大きく転換。ベースグレードと同時にタイプRの開発も進め、標準グレードの基本性能を向上させるとともに、タイプRの完成度も高めています。

スポンサーリンク

「ホンダ シビック タイプR」のスタイリング

ベースグレードのメカニカルなデザインに、ド派手なエアロやフィニッシャーを惜しみなく投入。迫力にあふれるダイナミックなスタイリングです。

フロント

大きく牙をむく猛獣のようなフロントバンパーに、涼やかなつり目のヘッドライトが組み合わされ、スポーティでカッコいいフロントフェイス。

サイド

長めのフロントオーバーハング(タイヤからボディ端までの長さ)に短いリアオーバーハングが対比され、キレイな弧を描くルーフが相まって、キビキビとした軽快感と伸びやかさを表現しています。

リア

ホンダシビックタイプRのリア

牙をモチーフとしたリアバンパーに、メカニカルなD字型のリアコンビランプ、大きなリアウィングが組み合わされ、塊感のある力強いリアエンドを構成。フロント以上にダイナミックな印象です。

ホンダシビックタイプRの荷室
スポンサーリンク

主なスペック

項目スペック
エンジン1995cc・直列4気筒DOHCターボエンジン
トランスミッション6速マニュアル
最高出力320ps/6500rpm
最大トルク40.8kg・m/2500-4500rpm
全長x全幅x全高4560mmx1875mmx1435mm
車両重量1390kg
JC08モード燃費12.8km/l

販売価格

4,500,360円(消費税込み)

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

修正ばっかりしてると新記事の投稿ができないんで、新記事3に対して修正1くらいの割合でやってます(2019年6月〜)