スバル、小型5ドアハッチバック「スバル インプレッサ スポーツ」を展示。クラスを超えた上質な乗り味【東京モーターショー2017】

「スバル インプレッサ スポーツ」のフロント

2017年10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催されていた「東京モーターショー2017」。プレスデイは10月25日、26日。プレビューデイ10月27日。一般公開は10月28日から11月5日まで。

スバルはこの会場の自社ブースで「スバル インプレッサ スポーツ(展示車両は2.0i-S EyeSight )」を展示していました。今回も会場で撮影した写真とともにレポートします。

2.0i-S EyeSight 所有する悦びと走りの愉しさを深めた、最上位のスポーティモデル。

引用:スバル公式サイト

スポンサーリンク

「スバル インプレッサ スポーツ」の概要

「スバル インプレッサ スポーツ」は、2016年にモデルチェンジした小型5ドアハッチバック。この他に4ドアセダンの「G4」があります。スバルが誇る先進安全技術「EyeSight(ver.3)」が搭載され、全ての車種で4WDと2WDの選択が可能です。

新世代プラットフォーム「SUBARU GLOBAL PLATFORM」を初めて採用。クラス標準を超えた質感と高い安全性能を実現しています。

モデルチェンジといっても、エンジンとトランスミッションは先代のアーキテクチャーをほぼそのまま継承しています。ただし、エンジンの直噴化や細やかなリファインが行われ、質感やドライブフィールは先代とは比べ物になりません。

スバルは毎年のように商品に改良を加えるメーカーですが、このインプレッサも登場して1年後の2017年に一部改良を実施。EyeSightに夜間における歩行者の視認性向上と、後退時自動ブレーキが追加されました。また、オプションとして「アイサイトセイフティプラス」を設定。これにより「サイドビューモニター機能」を有料で追加することができます。

スポンサーリンク

「スバル インプレッサ スポーツ」の外観

「スバル インプレッサ スポーツ」のリア

スバルのデザイン哲学である「ダイナミック&ソリッド」を元に形作られた、上質で存在感のあるスタイリング。

フロント

張りのある面で構成されたフロントノーズに、がっしりとしたヘキサゴングリル。複雑な曲線で構成されたヘッドライトが装備され、クラスを超える上質さとスポーティな若々しさを表現しています。

サイド

短めのフロントノーズから傾斜の強いAピラー、なだらかなルーフが一体なって描かれたスポーティなサイドビュー。サイドウィンドウ後端を緩やかに傾斜させる事によって、リア周りの軽快感を強めています。

リア

ワイド感のあるリアエンドに八角形のリアウィンドウが組み合わされ、カッチリとした力強い後ろ姿を形づくっています。

スポンサーリンク

主要スペック(2.0i-S EyeSight/AWD )

項目 スペック
パワーユニット 1995cc・水平対向4気筒DOHCエンジン
トランスミッション CVT(無段変速機)
駆動方式 AWD(4輪駆動)
最高出力 154ps/6000rpm
最大トルク 20.0kgf・m/4000rpm
全長x全幅x全高 4460mmx1775mmx1480mm
ホイールベース 2670mm
車両重量 1400kg
ボディタイプ 5ドア・ハッチバック

メーカー希望小売価格

2,613,600円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)