スズキ自動車、「スイフト スポーツ」を展示。軽量高剛性ボディにパワフルなエンジンを組み合わせたホットハッチ!【東京モーターショー2017】

「スイフト スポーツ」のフロント

2017年10月25日から11月5日まで東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催されていた「東京モーターショー2017」。

スズキ自動車はこの会場の自社ブースで、スイフトのホットバージョン「スイフト スポーツ」を展示していました。今回も会場で撮影した写真とともにレポートします。

スズキ株式会社は、2017年10月27日から11月5日まで、東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)される第45回東京モーターショー2017(主催:一般社団法人 日本自動車工業会)に次の内容の出品を行う。

引用:スズキ自動車公式サイト

スポンサーリンク

「スイフト スポーツ」の概要

「スイフト スポーツ」は、スズキのコンパクト5ドアハッチバック「スイフト」をベースに、スポーティなエンジンと軽量高剛性ボディ、引き締まった足回りを組み合わせたスポーツグレードです。

純粋な走りを楽しむことのできるスポーツカーでありながら、実用性と高いコストパフォーマンスを両立しているところは、他のクルマには無いスイフトならではの美点です。

パワーユニット

今回のモデルチェンジで初めてターボエンジンが搭載されます。スイフト用にチューニングされたツインカムターボは、高回転まで気持ちよく吹け上がるスポーティなセッティング。

シャシー

新世代プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」の採用により70kgの軽量化と高剛性ボディを実現。前後ともにトレッドが30mmずつ拡大され、ボディ幅自体も3ナンバーサイズとなります。

ボディ幅が拡大された事によってステアリングの切れ角が増し、 最小回転半径は5.1mに縮小。これなら狭い場所でも簡単に切り返すことができます。

インテリア

ブラック樹脂の内装にレッドの挿し色がほどこされたスポーティな内装。専用スポーツシートにもレッド・ステッチがあり、車内全体にスポーティに引き締めています。

スポンサーリンク

「スイフト スポーツ」の外観

ヘッドライトやリアコンビランプ、ブラックアウトされたピラー(柱)など、スイフトならではのアイコンを散りばめながもら、新世代の魅力的なスタイリングを作り上げています。

フロント

張りのある面で構成されたフロントノーズに、大きなヘキサゴン型グリル。同じくヘキサゴン型のヘッドライトが組み合わされ、スポーティで元気あふれるフロントフェイス。

サイド

短いノーズに大きなキャビン。前後ギリギリに切り詰められたオーバーハングによって、キビキビとした軽快感を表現しています。

リア

グラマラスなヒップラインに勾玉型のリアコンビランプ。スポーティなデュアルエキゾーストパイプが組み合わされ、ダイナミックな後ろ姿を形づくっています。

スポンサーリンク

主要スペック

項目 スペック
パワーユニット 1371cc・直列4気筒DOHCターボエンジン
トランスミッション 6速MT
駆動方式 FF(前輪駆動)
最高出力 140ps/5500rpm
最大トルク 23.4kgf・m/2500-3500rpm
全長x全幅x全高 3890mmx1735mmx1500mm
ホイールベース 2450mm
車両重量 970kg
ボディタイプ 5ドア・ハッチバック

メーカー希望小売価格

1,922,400円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)

切れ痔がぶり返してきたー!(2018年10月)

パリモーターショー行きたい(2018年10月)