ルノー・ジャポン、「ルノー メガーヌ スポーツ・ツアラー GT」をジャパンプレミア(日本初公開)。スポーティな「GTシャシー」を与えられたステーションワゴン【東京モーターショー2017】

「ルノー メガーヌ スポーツ・ツアラー GT」のフロント

ルノー・ジャポンは、「東京モーターショー2017」の会場で新型「ルノー メガーヌ スポーツ・ツアラー GT」をジャパンプレミア(日本初公開)していました。

今回も会場で撮影した写真とともにレポートします。

※東京モーターショーは2017年10月25日から11月5日にかけて、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催されていた自動車の祭典。もしくは見本市。

ルノー メガーヌ GTの走行性能をそのままに、快適で利便性が高い室内空間を持つルノー メガーヌ スポーツ・ツアラーGT。簡単な操作によりリアシートをフルフラットに倒すことで広いラゲッジスペースを確保でき、思い思いの道具や荷物を積み込み、目的地でもアクティブに過ごすことができる。

引用:ルノー・ジャポン公式サイト

スポンサーリンク

「ルノー メガーヌ スポーツ・ツアラー GT」の概要

「ルノー メガーヌ スポーツ・ツアラー GT」は、高い積載性能とスポーティな走りを実現したMクラスのステーションワゴン。

ルノー・ジャポンは、今回の東京モーターショーに「F1参戦40周年」を記念してスポーツモデルを中心に出品していましたが、「ルノー メガーヌ スポーツ・ツアラー GT」はその中でも「ルノー メガーヌR.S.」と並ぶ目玉の一つです。

5ドアハッチバックのボディをベースに全長とホイールベースを拡大。「メガーヌGT」以上の広大な荷室を確保(580L)しています。さらにラゲッジの左右にあるハンドルを操作すれば、リアシートを倒して荷室スペースを1695Lに拡大することも可能です。

「メガーヌGT」と同じく、4輪操舵システム「4コントロール」や「GTシャシー」。フラットなトルク特性を持つ「1.6Lダウンサイジングターボ」、デュアルクラッチ式「7速EDC」も装備されます。

スポンサーリンク

「ルノー メガーヌ スポーツ・ツアラー GT」のスタイリング

「ルノー メガーヌ スポーツ・ツアラー GT」のリア

フロント

筋肉質なフロントノーズにC字型LEDヘッドライト。左右のライトを連結する台形型グリルが組み合わされ、上質感で力強いフロントフェイス。

サイド

ロングホイールベース(前後ホイール間の長さ)になだらかに下降するルーフ、張りのあるサイドパネルが相まって、伸びやかなサイドビューを構成。盛り上がったリアフェンダーが力強さを強調しています。

リア

張りのあるリアエンドに特徴的なデザインのリアコンビランプがレイアウトされ、個性あふれる後ろ姿を形づくっています。

エキゾーストフィニッシャーは「GT」のデュアルに対して「スポーツ・ツアラー GT」はシングル。リアコンビランプやリアウィンドウの形状も、それぞれのスタイリングに合わせて僅かに異なります。

スポンサーリンク

主要スペック

項目 スペック
パワーユニット 1618cc・直列4気筒DOHCターボ
トランスミッション 7速EDC(エフィシエント・デュアル・クラッチ)
駆動方式 FF(前輪駆動)
最高出力 205ps/6000rpm
最大トルク 28.6kgf・m/2400rpm
全長x全幅x全高 4635mmx1815mmx1450mm
ホイールベース 2710mm
車輌重量 1480kg
ボディタイプ 5ドア・ステーションワゴン

メーカー希望小売価格

3,540,000円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)

切れ痔がぶり返してきたー!(2018年10月)

フランスモーターショー行きたい(2018年10月)