プジョー・シトロエン・ジャポン、「プジョー 308 アリュール」日本初公開!フェイスリフトが施されたマイナーチェンジモデル【東京モーターショー2017】

プジョー 308 アリュール

2017年10月25日から11月5日にかけて開催されていた「東京モーターショー2017」。

この会場でマイナーチェンジモデルとなる「プジョー308」が、「5008」と「3008」、「2008」など、3台のSUVに囲まれて展示されていました。

この「プジョー308」は、東京モーターショーの開幕に合わせて10月25日から販売されます。つまり当日は日本初公開の日でもあるわけです。

ひときわ力強くなった新しいフェイスは、その実力を示すかのような自信に満ちています。 それを裏づけるのが、新たに採用された先進のセーフティシステム。 ガソリンとディーゼルのふたつのパワートレインは、NEW 308のパフォーマンスの要として、そのポテンシャルを存分に発揮します。

引用:プジョー公式サイト

スポンサーリンク

「プジョー 308 アリュール」の概要

今回公開されていた「プジョー 308 アリュール」は、2013年に登場した「2代目プジョー308」のマイナーチェンジモデルです。

小型の5ドアハッチバックで、このモデルの他に5ドアステーションワゴンの「SW」があります。

日本市場では、プジョーファミリーの中でも最大の売上を誇るモデルで、保守的なゴルフでは飽き足らない顧客層に絶大な人気を得ています。

今回のマイナーチェンジでは、フェイスリフトを含む内外装の小変更とともに、先進安全技術の充実が図られています。

スポンサーリンク

「プジョー 308 アリュール」の外観

フロント

マイナーチェンジによってフロント周りのイメージが大きく変わりました。

フロントノーズ先端にあったエンブレムがグリルの中央に移動し、グリル自体もゴージャスなデザインに変更されています。フロントバンパーのエアーインテークは、ワイド感の強い形状からスポーティな形状に変更され、埋め込まれたターンライトは、内側から外へと連続的に光りが移動する「シーケンシャル・ターンライト」に変更されています。

サイド

重厚感のあるサイドパネルに、短く切り詰められた前後オーバーハング。ゆったりとしたラインで描かれたルーフが一体となって、上質で芳醇なサイドビューを構成しています。例えるなら、30代後半の貴婦人とったことろでしょうか。

マイナーチェンジによって「アリュール」のアロイホイールも、力強くスポーティなデザインに変更されています。

リア

張りのあるヒップラインに小さく絞り込まれたキャビンが対比され、力強くも色気のあるリアセクションです。

スポンサーリンク

スペック

項目 スペック
エンジン 1199cc・直列3気筒DOHCターボ
トランスミッション 6速AT
駆動方式 FF
最大出力 130ps/5500rpm
最大トルク 23.5kgf・m/1750rpm
全長x全幅x全高 4275mmx1805mmx1470mm
車輌重量 1290kg

販売価格

2,799,000円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)

パリモーターショー行きたい(2018年10月)