新型 プジョー 308 SW Allure(2代目・T9)【評価レビュー】毎日の生活を楽しくさせる、おしゃれなステーションワゴン [ABA-T9WHN02]

今回の【評価レビュー】は「新型 プジョー 308 SW Allure(2代目・T9)」。
2013年にフルモデルチェンジした、Mクラスのステーションワゴン(5ドア)です。この他にベーシックな5ドアハッチバックもあります。

これまでモデルチェンジの度に「306」「307」「308」と名前を変更してきたプジョーですが、今回は先代と同じ「308」となります。下一桁を「9」だけ残し、座りの良い「8」に固定したといったところでしょうか?

プラットフォーム(基本骨格)は、シトロエンC4ピカソにも使われている「EMP2」を採用。12年ぶりに車の基本構造から見直され、軽量および高剛なボディを両立しています。

これに伴ってボディサイズも変更。先代比で全長のみが拡大され、逆に全幅と全高は小さくなっています。つまりより細く長くなっているわけです。拡大された全長分は後席の居住空間向上に使われ、快適性の高い室内空間を実現しています。

※忙しくてあまり時間の無い人は、文末の「【評価レビュー】のまとめ」をどうぞ。

スポンサーリンク

外観

全長4600mmX全幅1805mmX全高1475mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2730mmとなります。

フロント

伸びやかな線で構成されたフロントノーズに、シャープな切り欠きのあるヘッドライト。ダブルフィングリルと笑ったような印象のフロントバンパーが組み合わされた、上質でスポーティなフロントフェイス。

サイド

短いフロントノーズに穏やかな弧を描くルーフが組み合わされ、ミニバンに近いワンモーションフォルムを構成。限られたスペースを最大限に使い切って、大きな居住空間を得ています。

リア

ふっくらとしたリアエンドに傾斜のあるリアウィンドウ。U字型に広がるリアコンビランプが組み合わされ、上品で優しい印象の後ろ姿。ちょっとした高級感さえ漂います。

スポンサーリンク

内装

しっとりとした質感の樹脂に、ヘキサゴン型のメタリックパーツが組み合わされ、宇宙船のように上質でかっこいい室内。といっても子供っぽい「おもっちゃ感」はありません。

シート

前席は、たわみのある表皮にモッチリとしたクッションが組み合わされた、体圧をキレイに分散する快適なシート。適度なサイドサポートがあるため、長時間ドライブでも疲れにくいです。

後席はやや平板なデザインながら、ストロークのあるクッションが装備される快適なシート。足元、頭上空間ともに十分なスペースが確保されており、大人二人でも余裕を持って座ることができます。

荷室

奥行き、幅ともに広大な荷室スペース。これなら荷物の嵩張るキャンプも十分楽しめます。

静粛性

室内にはしっかりと遮音材が施されており、静粛性能は十分以上です。アクセルを踏み込んでも、思ったほどのノイズは発生しません。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

1199cc・直列3気筒DOHCターボエンジンに、6速ATが組み合わされます。
エンジンは、130ps/5500rpmの最高出力と、23.5kgf・m/1750rpmの最大トルクを発揮。

車両重量1340kg。JC08モード燃費は、17.7km/l。

エンジン

1.2Lのツインカムターボで前輪を駆動。低速域からしっかりと過給されるダウンサイジングターボによって、フラットなトルクを発生。少々の上り坂ならグイグイと力強い加速で上りきります。

トランスミッション

トルコン式の6速ATを装備。低速トルク型のエンジンに合わせてローギアードなセッティングを採用。なるべく低い回転をキープすることによって、燃費性能の向上とスムーズかつ上質な変速フィールをもたらします。

乗り心地とハンドリング

前輪にマクファーソン・ストラット式サスペンション、後輪にはトーションビーム式サスペンションが装備されます。

乗り心地

装着タイヤは前後ともに205/55R16。

しなやかかつスポーティな乗り味。少々の段差であればサスがキレイにストロークして、車内に鋭い衝撃を伝えることはありません。

高速域での安定性も高く、常にフラットな姿勢を維持し続けます。

ハンドリング

キビキビとした俊敏なステアリングフィール。一回り小さくなったボディと小径ステアリングによって、さらに軽快感が高まります。

最小回転半径は5.5mと、可もなく不可もなくといったレベル。

その他

先進安全技術は、「アクティブセーフティブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)」「レーンキープアシスト(車線維持)」「アクティブブラインドスポット・モニターシステム(斜め後方死角の車を検知)」「ドライバーアテンションアラート(居眠り防止機能)」などを装備。

【評価レビュー】のまとめ

モデルチェンジによってプラットフォームが刷新され、軽量高剛性ボディと室内空間の拡大。ダウンサイジングターボによる力強い走りを手に入れています。

足回りのセッティングにもフランス車らしいしなやかな味わいが戻り、ヒラヒラとした軽快な動きで気持ちよくコーナーを抜けることができます。

「手頃なサイズのステーションワゴンが欲しいが、日本車ではつまらない」とか、「かといってドイツ車では真面目すぎて息が詰まる」といった人にピッタリな一台となります。

センスの良いおしゃれな内外装と、しなやかな乗り味。気持ちのいいステアリングフィールによって、毎日の通勤がきっと楽しいものになるはずです。

中古車市場では

2017年式「プジョー 308 SW Allure」で220万円前後(2018年1月現在)。

価格

価格 | 3,047,000円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)

切れ痔がぶり返してきたー!(2018年10月)

フランスモーターショー行きたい(2018年10月)