ルノー・ジャポン、「ルノー メガーヌ R.S.」をジャパンプレミア(日本初公開)。F1エンジニアと共同開発したエンジンは280馬力を発生!【東京モーターショー2017】

「ルノー メガーヌ R.S.」のフロント

2017年10月25日から11月5日にかけて開催されていた「東京モーターショー2017(東京都江東区有明)」の会場で、ルノー・ジャポンは新型「ルノー メガーヌ R.S.」をジャパンプレミア(日本初公開)していました。

今回はモーターショー当日、ルノー・ジャポン・ブースで撮影した写真とともにレポートします。

2014年6月にメガーヌ R.S. トロフィーRがニュルブルクリンクサーキット北コースの当時のFFラップレコード7分54秒36を記録してから3年。ルノー・スポールが最新のテクノロジーとパッションを注ぎ込んだ新型メガーヌ R.S.が、第45回東京モーターショーで日本初披露。

引用:ルノー・ジャポン公式サイト

スポンサーリンク

「ルノー メガーヌ R.S.」の概要

「ルノー メガーヌ R.S.」は、ルノーのモータースポーツ部門「ルノー・スポール」が手がけるメガーヌのホットバージョン。ドイツ・ニュルブルクリンクでは、FF市販車最速ラップを2回も叩き出した歴史あるモデルです。

今回、メガーヌⅣの発売に合わせて開発された新型は、「パリ・モーターショー2017」でワールドプレミア(世界初公開)されたばかりです。

開発テーマはキープコンセプトのまま、最高速よりもコーナリングスピードを上げるための設計が行われ、「4コントロール」と呼ばれる四輪操舵システムやサスペンション制御技術「4HCC」が採用され、高速コーナーでの安定感を高めています。

新開発された1.8L直噴ターボは、F1のエンジニアと共同開発した生粋のスポーツユニット。ワイドトレッド化(フロント60mm、リア45mm)されたボディと相まって、レーシーな走りを実現しています。

その他には走行モードを任意に切り替える「マルチセンス」や、良好な視界を確保する「LEDヘッドライト」も装備。

スポンサーリンク

「ルノー メガーヌ R.S.」のスタイリング

「ルノー メガーヌ R.S.」のリア

フロント

張りのあるフロントノーズにC字型の特徴的なヘッドライト。R.S.専用フロントバンパーが装備され、レーシーな特別感を演出しています。

サイド

硬質感のあるボディに、薄く長いキャビン。前後ギリギリまで切り詰められたオーバーハング(タイヤからボディ端までの長さ)が相まって、力強い軽快感を生んでいます。

鋭くえぐり取られたようなサイドリフレクションが、小気味いいです。

リア

張りのあるヒップラインに小さく絞り込まれたキャビンを対比。R.S.専用リアバンパーが組み合わされ、スポーティな安定感を感じさせます。

リアバンパー中央には、二本出しされたエキゾーストフィニッシャーをレイアウト。ノーマルグレードには無い凄みを表現。

スポンサーリンク

主要スペック

項目 スペック
パワーユニット 1789cc・直噴ターボ
トランスミッション 6速EDC(エフィシエント・デュアル・クラッチ)/6速MT
駆動方式 FF(前輪駆動)
最高出力 280ps/6000rpm
最大トルク 39.77kgf・m/2400-5000rpm
ホイールベース 2669mm
ボディカラー オランジュ トニック M
ボディタイプ 5ドア・ハッチバック

発売予定

欧州では2018年1月から2月にかけて、その後2018年中に日本でも発売予定。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)