ルノー・ジャポン、「メガーヌ GT Ⅳ」をジャパンプレミア(日本初公開)。スポーツバージョンのみの割り切ったグレード展開【東京モーターショー2017】

「メガーヌ GT Ⅳ」のフロント

ルノー・ジャポンは「東京モーターショー2017」の会場で、2017年11月から販売する「メガーヌ GT Ⅳ」をジャパンプレミア(日本初公開)していました。

今回も会場で撮影した写真とともにレポートします。

※「東京モーターショー2017」の会期は2017年10月25日から1月5日まで。会場は東京都江東区有明にある「東京ビッグサイト」。

“4CONTROL”テクノロジーによる革新的なコーナリングレスポンスと、高性能パワーユニットが生み出す力強い走り。ヨーロッパの様々なワインディングを走り込み、鍛えられたルノー メガーヌ GT。スポーツドライビングの魅力を知るすべてのドライバーのために。

引用:ルノー・ジャポン公式サイト

スポンサーリンク

「メガーヌ GT Ⅳ」の概要

「メガーヌ GT Ⅳ」は、2016年に欧州で発売されたMクラスの5ドアハッチバック。今回東京モーターショーでジャパンプレミアを行った後、2017年11月に日本市場でも販売されることになります。

プラットフォーム(基本骨格)は日産自動車と共同開発した「CMF-CD」。全長と全幅が拡大され、逆に全高は縮小。ロー&ワイドな趣を強めています。

剛性感を増した「GTシャシー」に、4輪を電子制御で独立操舵する「4 CONTROL」を装備。60km/h以上では後輪が前輪と同じ方向に操舵して高速コーナリングの安定性を高め、60km/h以下では逆方向に操舵してステアリングの切れ味を高めます。狭い場所での取り回しにも有効で、最小回転半径は5.2mとなります。

今回のメガーヌⅣにはスポーツに特化したイメージが与えられ、価格の安い廉価グレードは設定されません。そのため標準となるグレードは、ルノー・スポールが手がけたスポーツグレード「メガーヌGT」です。1.6Lターボエンジンに専用サスやアンチロールバーなどが組み合わされます。

先進安全技術はセンサーとカメラ、ミリ波レーダーを組み合わせた「ルノー運転支援システム」を搭載。「車線逸脱警報」や「エマージェンシーブレーキサポート(衝突時被害低減自動ブレーキ)」、「後側方車輌検知警報」、「車間距離警報」、「オートハイ・ロービーム」などが装備され安全装備も万全です。

スポンサーリンク

「メガーヌ GT Ⅳ」のスタイリング

「メガーヌ GT Ⅳ」のリア

フロント

ボリューム感のあるノーズに、C字型に切れ下がるLEDデイライト。四灯式ヘッドライトが組み合わされた上質感あふれるスポーティなフロントフェイス。他の何者でもない独特の個性を表現しています。

サイド

短く切り詰められた前後オーバーハングに、筋肉質な盛り上がりをみせるリアフェンダー周り。張りのあるサイドパネルが相まって、キビキビとした軽快感と力みなぎる剛性感を持つサイドビュー。

リア

張りのあるリアエンドに小さく絞り込まれたキャビン。不敵な表情をたたえたリアコンビランプが対比され、どっしりとした重厚感を感じさせます。

スポンサーリンク

主要スペック

項目 スペック
パワーユニット 1618cc・直列4気筒DOHCターボ
トランスミッション 7速AT(EDC)
駆動方式 FF(前輪駆動)
最高出力 205ps/6000rpm
最大トルク 28.6kgf・m/2400rpm
全長x全幅x全高 4395mmx1815mmx1435mm
ホイールベース 2670mm
車両重量 1430kg
ボディタイプ 5ドア・ハッチバック

メーカー希望小売価格

3,340,040円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)