プジョー・シトロエン・ジャポン、「DS3 Chic DS LED Vision Package」を展示!アヴァンギャルドなプレミアムコンパクト【東京モーターショー2017】

DS3 Chic DS LED Vision Package

※DS3とお話する子供・・・車が好きなのかな?

プジョー・シトロエン・ジャポンは、グループ傘下の高級ブランド「DS」が製造販売する「DS3 Chic DS LED Vision Package」を東京モーターショー2017の会場に展示していました。

東京モーターショー2017は、2017年10月25日から11月5日にかけて東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催されていた世界的な自動車見本市です。

当日の会場は初詣のような人出で、特にDSブースの人気は凄まじくまともな写真は一枚も撮れませんでした。今回は、その時の中途半端な写真とともにレポートします。

DS3は新しいフロントフェイスへと生まれ変わった。 大型グリルを際立たせるクロームの輪郭は、DSウィングという名の通り、ヘッドライトに連なるように左右に翼を広げる。 中央にはDSのシンボルサイン、両端にはキセノンライトとLEDランプで構成されたDS LED ビジョンが鮮やかな白色光を照射する。

引用:DS公式サイト

スポンサーリンク

「DS3 Chic DS LED Vision Package」の概要

2009年に登場した、コンパクトな3ドアハッチバック。「DS」とは、かつてシトロエンで製造されていた高級サルーン「シトロエンDS」に由来するブランド名で、シトロエン内の高級ブランドとして位置づけられています。簡単に言えば、トヨタでいうところの「レクサス」のようなモノです。

その「DS」ブランドの中でも、「DS3」は一番小さなボディを持つエントリーカーの役割を担う車です。

シトロエン「C3」をベースとしつつも、個性的な内外装と高級感あふれる作り込みが施され、アウディA3やMINIと並べても遜色の無いプレミアムコンパクトカーに仕上げられています。

スポンサーリンク

「DS3 Chic DS LED Vision Package」の外観

フロント

短く凝縮感のあるフロントノーズに、複雑な形状のLEDヘッドライト。大型グリルに、緻密に配置されたメッキモールドが組み合わされ、高級感溢れるアヴァンギャルドなフロントフェイス。

マイナーチェンジによってフロント周りが一新され、特別感がさらに強調されています。

サイド

短く切り詰められた前後オーバーハング(ホイールからボディ端までの距離)。張りのあるサイドパネルに、複雑な形状のショルダーライン(サイドウィンドウ下端)。ブラックアウトされたキャビン(居住スペース)が相まって、軽快感あふれる近未来的なサイドビューを構成しています。

リア

尻下がりのトロンとしたヒップラインに、メカニカルなリアコンビランプ。傾斜の強いリアウィンドウが相まって、上品でスポーティなリアセクションに仕上げられています。

スポンサーリンク

スペック

項目スペック
エンジン1199cc・直列3気筒DOHCターボ
トランスミッション6速AT
駆動方式FF
最大出力110ps/5500rpm
最大トルク20.9kgf・m/1500rpm
全長x全幅x全高3965mmx1715mmx1455mm
車輌重量1070kg

販売価格

2,740,000円(消費税込み)

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

修正ばっかりしてると新記事の投稿ができないんで、新記事3に対して修正1くらいの割合でやってます(2019年6月〜)